白鳥神社

(しらとりじんじゃ)

大阪府の大鳥神社や白鳥の陵、香川県の白鳥神社などと共に日本武尊を祭神とする由緒ある神社。

アクセス数720Views

玉之浦湾に面した海岸沿いに建つ白鳥神社は、五島で五社神社に次ぐ2番目に古い神社です。698年、文武天皇が日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を守護神として祀りました。一羽の白鳥が飛来し、「我は神の化身なり」と言ったことにより、白鳥宮と称えられています。湾内に向かって鎮座しているため、海上から直接参拝でき、鳥居をくぐって振り返ると絶景です。

古くは804年、遣唐使と共に旅立つ最澄が参詣したと伝えられ、1889年(明治22年)には、内閣総理大臣伊藤博文、元帥大山巌、海軍大将樺山資紀等が訪れました。

毎年9月下旬には白鳥神社例大祭があり、夜には国指定重要無形民俗文化財の五島神楽が行われます。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒853-0411 長崎県五島市玉之浦町玉之浦1629
電話番号 0959-87-2211(五島市役所 玉之浦支所)
アクセス 福江港から車で約65分

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット