艫綱石

(ともづないし)

アクセス数76Views

相河は、中世期には鮎河(あゆかわ)と呼ばれ、遣唐使船の風待ち港として知られています。
ここには、遣唐使船が係留したといわれる「ともじり石」が大切に保存され、石祠が祀られています。 (ともづな石とも呼ばれています。)
遣唐使船が入港し、船を係留するときに綱をとった石だと言われており、民家の傍にあります。
宝亀7年(776)、大使佐伯今毛人率いる第14次遣唐使船が相河に寄港し1ヶ月以上風待ちしましたが、一向に追い風が吹かず、大津(博多)に引き返すとの記録があり、その折、船を係留した石とされています。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4411 長崎県南松浦郡新上五島町相河郷

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット