山神社

(やまじんじゃ)

エリア
上五島
テーマ
神社・仏閣
アクセス数257Views

祭神は大山祇大神。
創立は不詳であるが、伝承では「大山祇大神を勧請したのは、昔船崎で悪疫が流行して五穀が実らなかったので人々が心配し、大山祇大神の御分霊を安鎮し祈願奉ったところ、たちまち御加護があった。それで郷民は延命、五穀は成就、これに加えて漁運大いに叶い、神徳益々盛となった。それから郷民が繁栄し豊かになったの、明治10年(1877年)衆議一決で石祠を木体立像に改め、宮守りを青方郷吉村善左衛門に奉仕させた。これから氏子は益々繁栄し、宗敬の念も高くなった。」と言い伝えられている。1月23日に春の大祭を執行し、還暦奉告及厄払の神楽が奉納される。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4405 長崎県南松浦郡新上五島町船崎郷色摩245
備考 【御神祭】 大山祇神

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット