旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
九州での例のない京都風の見事な宝篋印塔と五輪塔の郡が、内院地内に建っている。

宝篋印塔と五輪塔郡

エリア
対馬 
テーマ
史跡・文化財  
  • 九州での例のない京都風の見事な宝篋印塔と五輪塔の郡が、内院地内に建っている。
  • 九州での例のない京都風の見事な宝篋印塔と五輪塔の郡が、内院地内に建っている。
内院の宝篋印塔は、聖八幡宮の社前にあり、高さ2.5m、台座の一辺2m、県下に比類のない御影石の見事な石塔です。
天道田公の塚とも、安徳天皇の陵墓とも称し、由緒不明ですが、形は南北朝頃の様式と見られています。
また、この塔の周辺には古い五輪塔郡が散乱しており、その中の一つに応安7年(北朝・1374)と刻銘したものがあります。内院の地は天道信仰の象徴たる天道童子の生誕地とされています。市指定有形文化財です。

住 所 〒817-0152 長崎県対馬市厳原町豆酘内院(内院神社)
電話番号 0920-54-2341 ((対馬市教育委員会 文化財課))
料 金 無料
定休日
ホームページ 『宝篋印塔と五輪塔郡』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 厳原港から車で約49分