旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
三川内の代表的な御用窯

三川内東窯跡・西窯跡

エリア
佐世保・ハウステンボス 
テーマ
文化・工芸  
  • 三川内の代表的な御用窯
  • 三川内の代表的な御用窯
東窯跡は、全長120mで、17世紀後半から昭和12年まで使用されており、金剛谷窯と呼ばれた三川内皿山で最大規模の登り窯です。西窯跡は、全長100mで、昭和16年まで使用されており、高麗窯・中通窯とも呼ばれいました。両窯とも藩の御用窯として重要な役割を担っておりましたが、昭和初期の頃閉窯になりました。現在では、どちらも坂道沿いに民家が建てられており、敷地壁に、その名残が見られます。
 

住 所 〒859-3155 長崎県佐世保市三川内町
電話番号 0956-22-6630 (佐世保観光情報センター JR佐世保駅構内)
交通アクセス <電車>JR佐世保駅からとJR佐世保線鳥栖行または肥前山口行約25分、三河内駅下車、徒歩約30分
<バス>西肥バス 佐世保駅前から上三川内行約50分、上三川内下車、徒歩約10分
閉じる 閉じる