中華菓子 (チュウカガシ)

長崎の地で守り抜かれた異国情緒漂う菓子

エリア
長崎
テーマ
中華・麺類
  • 37views

鎖国時代、日本で唯一開かれた港として栄えた長崎には、隣国である中国から、華僑の人々が大勢訪れています。
そんな華僑の人たちが、故郷を懐かしんで作ったのが、中華菓子。
小麦粉を練り、単純な味付けだけで作られた中華菓子から、腕の確かな料理人が暇を見つけて作り出した本格的なお菓子まで現在は常時10種類もの中国菓子が作られています。長崎は、異国甘味のメッカでもあったのです。

悠久の歴史を超えて、現代に受け継がれている中華菓子は、華僑の子孫たちが今でも作り続けています。

基本情報

住所 長崎県長崎市 
電話番号 095-895-2621(長崎県 物産ブランド推進課)
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.