国分寺跡

(こくぶんじあと)

平城宮と同じ模様の瓦が出土

アクセス数179Views

壱岐国分寺跡は國片主(くにかたぬし)神社の西側にあります。741年(天平13)に全国に国分寺創建の詔が発令されましたが、壱岐では新たに建立せず島司(しまつかさ)壱岐直(あたい)の氏寺を「国分寺」として改修した記録が残っています。
現在は数個の礎石が残っています。発掘調査では平城宮と同じ文様の瓦が見つかっており、中央集権とのつながりをうかがい知ることができます。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒811-5734 長崎県壱岐市芦辺町国分本村触741
アクセス 芦辺港から車で10分

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット