月讀神社

(つきよみじんじゃ)

月讀命を祀る 神秘的なパワーが宿る神社

アクセス数119Views

巨木が鬱蒼と茂る森の中に静かに鎮座する「月讀神社」。趣のある鳥居をくぐり急な石段を登ると神秘的なパワーが感じられる社が現れます。御祭神は月讀命(つくよみのみこと)。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)によって、天照大御神の次に産まれたとされる神です。暦・潮の干満など月にまつわる全ての行い、安全や航海安全などの願いごとを聞き入れてくださると言われています。
日本書紀には京都の松尾大社内にある月讀神社は壱岐の県主(あがたぬし)の先祖である忍見宿祢(おしみのすくね)が分霊したものと記されていて、全国に点在する月讀神社の総本社とされています。毎年旧暦の9月23日に催される例大祭では壱岐神楽が奉納されます。

★月讀神社は10時から17時までは基本的にお守りや御朱印を社務所で頂くことができます。宮司さんは國片主神社、覩上神社、熊野神社も兼務されています。
※宮司さんのご都合によりお受けできない場合がございます。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒811-5732 長崎県壱岐市芦辺町国分東触464番地
電話番号 0920-45-4145(御朱印予約)
駐車場 駐車場あり
アクセス 芦辺港から車で10分
ウェブサイト 公式ホームページ
Tripadvisor
facebook

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット

このスポットに行くモデルコース