御手洗水の滝

(おちょうずのたき)

「弘法大師」伝説が残る滝

エリア
壱岐
テーマ
自然・景観
アクセス数196Views

 御手洗水の滝は、「弘法大師」が持っていた杖で岩を叩くと水が流れ、滝になったという言い伝えが残っている場所でパワースポットとして注目を集めています。

滝の近くには、壱岐八十八箇所のひとつ「目洗薬水大師堂」があります。
今から数年前の大雨の後、お堂の前に大きな石が転がっているのを地元の人が見つけました。お堂の後ろにある崖から石が落下しましたが、お堂は無傷でした。
このことから、地元では「奇跡の石」として大事にお祀りされています。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒811-5107 長崎県壱岐市郷ノ浦町有安触
アクセス 郷ノ浦港より車で20分

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット