小串神社

(こぐしじんじゃ)

漁業の盛んな小串集落内、漁協の裏手の高台に漁の安全を見守るように建つ。

エリア
上五島
テーマ
神社・仏閣
アクセス数382Views

祭神は建速須佐之男大神。
五島神社誌では天文元年(1532)の創設。由緒によるとその昔、一人の修行者が当地に来て、村人が崇拝
していた森の塚を見て、まさに神霊が天降った蹟だとして神伝記を講じた。村人たちは社殿を建て、小串大明神と名づけた。それ以来信仰が盛んとなり、領主より七石の社領を寄進された。
明治3年に小串神社と改称した。秋の例大祭時期には上五島神楽が舞われる。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4601 長崎県南松浦郡新上五島町小串郷先筋420
備考 【御神祭】 建速須佐之男命

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット