榎津神社

(えのきづじんじゃ)

榎津港を見下ろす高台に建ち、本殿後ろには多くの石祠が並ぶ。

エリア
上五島
テーマ
神社・仏閣
アクセス数328Views

祭神は菅原道真公春彦大神。
創建といわれる建仁3年(1203年)から600年後の享和2年(1802年)に記された棟札に菅原道真公崩御より900年の奉法斎の祭典を相勤めたことが記されている。
当初の社地は、渚方に祭られ元禄5年(1692年)に現在地へ遷宮されてる。
明治7年に村社に列せられ、社号は天満神社とされていたが、榎津神社と改称した。
境内内には幾つかの神社が合祀されており、本殿裏には多くの石祠が並ぶ。
秋の例大祭時期には上五島神楽が舞われる。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 〒857-4512 長崎県南松浦郡新上五島町榎津郷185-1
備考 【御神祭】 菅原大神

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット