映画「OVER DRIVE」-1

映画「OVER DRIVE」

公道を全開走行で走り抜ける、最も過酷な自動車競技「ラリー」を題材にした、映画「OVER DRIVE」
劇中のコースとして生月サンセットウェイも登場し、白熱するレースを盛り上げました!

劇中でも登場する、あの夕陽に向かってクルマを走らせてみましょう!

予告編

作品紹介

■キャスト・スタッフ
東出昌大 新田真剣佑
森川 葵
北村匠海 町田啓太 要 潤 / 吉田鋼太郎
 
監督:羽住英一郎 
脚本:桑村さや香 
音楽:佐藤直紀
主題歌:WANIMA『Drive』(unBORDE/Warner Music Japan)
Ⓒ2018「OVER DRIVE」製作委員会
 
 
■作品紹介
公道を全開走行で駆け抜ける最も過酷な自動車競技、『ラリー』。
世界中のあらゆる道が戦いの舞台となり、ラリーが盛んな欧州、南米ではF1に勝るとも劣らない人気を博す。
2017年には18年振りにTOYOTAが、“WORLD RALLY CHAMPIONSHIP”に参戦。開幕2戦目にして優勝を飾る快挙となり、大きな話題となった。
各メーカーの先端技術の結晶である車輛、モンスターカーを操るドライバー、チームを支えるメカニック、まさに人車一体の公道の格闘技。
そんな世界を基に、若者たちの熱い愛と絆を描いた映画「OVER DRIVE」。
メガホンをとるのは、『「海猿」を超える作品にしたい』と自ら語る、羽住英一郎監督。
「海猿」「MOZU」「暗殺教室」など数々の大ヒット作品を手掛けた確かな演出力と、最新の撮影機材を駆使し、誰も見たことの無い、圧倒的なスペクタクル映像を描き出す。
主人公・檜山篤洋を演じるのは、同世代の中でも、その活躍が目覚ましい俳優、東出昌大。
メカニックという、作り手側に立ち、誇りと絆との間で揺れ動く繊細な芝居に挑む。
その弟であり、天才ドライバー・檜山直純役には、国内外の多数の映画に出演し、脚光を浴びる新田真剣佑。
そして、ヒロイン・遠藤ひかるに森川葵、その他北村匠海、町田啓太など次世代を担うフレッシュな顔ぶれが勢ぞろい。
更には、要潤、吉田鋼太郎ほか実力派俳優が脇を固める。
主題歌を担当するのは、革新的でエネルギッシュな楽曲を生み出し続けるスリーピースロックバンド・WANIMA。本作で描かれる、若者たちの情熱と挑戦を綴った主題歌「Drive」を圧倒的な熱量で歌い上げる。
また今作では福岡・北九州市内に約1ヶ月滞在し数多くのシーンを撮影。門司の町並みを爆走する大迫力のラリーシーンは必見!
誰も経験したことのないエンターテインメントの新領域! 新たな“不朽の名作”が誕生する!

【ストーリー】
世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。
スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。
「攻めなきゃ、勝てねーから!」
WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。
真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。
ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。
いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。
そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。
なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。
彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

熱くなる物語を、もう一度!

ロケ地:生月サンセットウェイ

青い東シナ海と断崖に挟まれた、 水平線を眺めながら走ることができる絶好のドライブルートです。
晴れた日には、素晴らしい夕日を目にすることも出来るかもしれません…

NAGASAKI DRIVE ~映画「OVER DRIVE」のロケ地へ~

公道を全開走行で走り抜ける、最も過酷な自動車競技「ラリー」を題材にした、
映画「OVER DRIVE」が2018年6月1日(金)より全国公開となります。
劇中のコースとして生月サンセットウェイも登場し、白熱するレースを盛り上げました!

今回は映画「OVER DRIVE」の公開を記念して、ドライブコースを作りました!
劇中でも登場する、あの夕陽に向かってクルマを走らせてみましょう!

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。