ドラマ「かすてぃら」-1

ドラマ「かすてぃら」

昭和30年代、長崎。明るくて、ちょっと迷惑、それでもみんなに愛された型破りな父と、父に振り回される家族がいた・・・。

「精霊流し」「眉山」などの名作を生んだ作家・さだまさしの笑いと涙に彩られた自伝的小説「かすてぃら~僕と親父の一番長い日」のドラマ化作品。
「かすてぃら」の舞台を巡ってみましょう。

作品紹介

昭和30年代、長崎。明るくて、ちょっと迷惑、それでもみんなに愛された型破りな父と、
父に振り回される家族がいた・・・。

「精霊流し」「眉山」などの名作を生んだ作家・さだまさしの笑いと涙に彩られた自伝的小説「かすてぃら~僕と親父の一番長い日」のドラマ化作品。
裕福な材木商の一家が一転、事業が行き詰まり豪邸から長屋へお引越し。小学校5年生の雅志も大好きなバイオリンを辞めなくてはならない?そんな状況でも前向きな家族のもとで、雅志は大人のたくましさを学び、暖かい愛情に包まれながら音楽への道を邁進する・・・。
抱腹絶倒の父の武勇伝を中心に、温かな笑いと涙あふれる家族や故郷の人々との交流と、少年・雅志の成長を描いた、昭和家族ドラマの決定版!

長崎ロケ トピックス

  • 昭和30年代の長崎を再現!-1

    昭和30年代の長崎を再現!

    「長崎らしく、昭和時代が感じられる場所」という監督の要望で、何日間もかけて、現代の物を隠す作業をし「館内町(唐人屋敷跡)」で撮影が行われました。美術スタッフさんが持ち込んだポストに地元の配達やさんが投函してしまった!というエピソードも。

  • 市民エキストラ&ボランティア大活躍!-1

    市民エキストラ&ボランティア大活躍!

    長崎ロケが行われた5日間、地元のボランティアスタッフさんが現場のスチール撮影や、交通整理などの協力をしてくれました。館内市場のロケでは、昭和時代の人々に扮した地元エキストラさんの協力で小学校の通学路や引っ越しのシーンを撮影しました。

  • キャスト&スタッフを支えたロケめし-1

    キャスト&スタッフを支えたロケめし

    ロケ中の楽しみのひとつは、何と言っても食事!お弁当は、外で食べれば、なお美味しい!みんなで食べればさらに美味しい!色とりどり、種類豊富なロケ弁(ロケめし)は、食欲をそそり、現場の元気を支えました!

ドラマ「かすてぃら」ロケ地巡りモデルコース

代表的な観光スポットや異国情緒あふれる街並みを、撮影中のエピソードを
思い浮かべながら散策するのも楽しみのひとつ。
長崎の代表スイーツ「カステラ」や、新地中華街でご当地グルメも楽しめます。

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。