島ビギナーにおすすめ!小値賀の古民家で癒しの島ステイを

島ビギナーにおすすめ!小値賀の古民家で癒しの島ステイを-1

島全体が西海国立公園に指定されている小値賀(おぢか)。火山の噴火によってできたこの島には、長い時間をかけて自然が造り出した絶景やパワースポットが点在しています。宿泊先に古民家を選べば、自分たちのスタイルでリラックスして過ごすことができるので、グループ旅行にもおすすめ。豊かな大地で育った新鮮な食材を体に取り入れて、島人の暮らしを体験すれば、きっと次もまた島を旅したくなります。

  • 所要時間:1泊2日
  • 交通手段:1日目:自転車、2日目:福祉タクシー

START

【1日目】佐世保港(長崎)から小値賀港へ

五島列島の北端に浮かぶ小さな島
【1日目】佐世保港(長崎)から小値賀港へ-1
佐世保港から約1時間30分~約3時間15分で小値賀港に到着です。(乗船する船によって所要時間が異なります)
島に到着したら、まずは小値賀港フェリーターミナル内の観光インフォメーション「おぢかアイランドツーリズム」で自転車をレンタル。美しい景色を眺めながら島内を巡るには、自転車での移動が最適です。日本の原風景が今も残り、「日本で最も美しい村」と呼ばれる小値賀の島旅をアクティブに楽しんで。
※自転車は事前予約不可。当日先着順となります。普通自転車と電動自転車があります。
※小値賀港に午後到着の場合は、「ポット・ホール」から観光を始めましょう。

自転車で約7分

【1日目】小値賀町歴史民俗資料館

豪商のお屋敷を活用した資料館
【1日目】小値賀町歴史民俗資料館-1
小値賀町歴史民俗資料館は、捕鯨、新田開発、酒造業を営み小値賀に貢献した豪商・小田家の屋敷内を利用した資料館です。館内には、古代遺跡から発掘された土器や捕鯨道具など、小値賀の歴史を学べる貴重な資料を展示。築250年もの邸宅や家具などが今も残っています。島の歴史を知ってから観光を始めれば、より一層、旅を楽しめることでしょう。

自転車で約3分

【1日目】笛吹郷エリアでランチ

島のごちそうを召し上がれ!
【1日目】笛吹郷エリアでランチ-1
島の歴史を学んだら、港に近い笛吹郷エリアでランチタイム。昔ながらのまち並みが残るこのエリアには、新鮮な魚を使った定食や寿司をはじめ、ゆったり食事ができる洋食屋やカフェもあります。島民が足しげく通うお店も多く、お昼時には満席になってしまう場合も。事前予約をするか12時より前に訪れるとスムーズです。

自転車で約30分

【1日目】ポットホール

TVでも話題の神秘的な甌穴(おうけつ)
【1日目】ポットホール-1
午後は、小値賀を代表するパワースポット「ポットホール」へ。島民には「玉石様(たまいしさま)」と呼ばれ親しまれています。芝生に降り立つと、まず目に入るのは白い鳥居。背景の青い海と空に映えて、とてもフォトジェニックです。鳥居の奥にある遊歩道を進むと、岩壁の中に穴があり、その中に真ん丸の石が見えます。海水の勢いで丸い玉が回転して、今も少しずつ穴が削られているのだそう。この穴の大きさは日本で一番大きいとも、世界的でも2番目の大きさだとも言われており、自然の不思議さを存分に感じられるスポットです。

自転車で約30分

【1日目】五両ダキ

ここは日本?!自然が造り出した崖絶景
【1日目】五両ダキ-1
小値賀は火山の噴火でできた島。「五両ダキ」は島に20ヵ所以上ある噴火口のひとつで、海の浸食によってできた崖のことです。五両ダキ入口と書かれたゲートを開けて草原をまっすぐ進めば、ダイナミックな崖とエメラルドグリーンの海が登場!その壮大な自然の造形は、思わず息をのんでしまうほどの美しさです。何万年もかけて現在の姿になったというその歴史を感じながら、大自然のパワーを感じましょう。

自転車で約10分

【1日目】柿の浜海水浴場

プライベート感たっぷりな極上ビーチ
【1日目】柿の浜海水浴場-1
どの海も美しい小値賀ですが、島民人気No1のビーチが「柿の浜海水浴場」です。とにかく透明度が抜群!遠浅のビーチで海と戯れれば、波の音とふわっと香る潮風に心の底からリラックスできます。潮の満引によって現れる溶岩も魅力。シャワー室、トイレも完備されているので、思いっきり遊んでも安心ですよ。

自転車で約15分

【1日目】姫の松原

小値賀を代表する緑の松並木
【1日目】姫の松原-1
サイクリングのラストはこちら「姫の松原」。道の両側に植えられた松の木が一直線に約400~500mも連なる街道です。晴れた日には木漏れ日が差し込み、頭上で松の葉がゆらゆらと揺れる様子は、まるで緑のトンネルの中を走っているかのよう。松並木の途中にある志々伎(しじき)神社にもぜひ立ち寄ってみてください。

自転車で約15分

【1日目】古民家ステイ

築100年以上の古民家を素敵にリノベーション
【1日目】古民家ステイ-1
港に到着したら、ターミナル内「おぢかアイランドツーリズム」で自転車を返却、宿泊する古民家のチェックイン手続きを行います。
島にはさまざまな宿泊施設がありますが、せっかく小値賀に来たなら1棟まるごと貸切で利用できる古民家ステイがおすすめ。島内にある古民家は6棟。港町の懐かしい風景が見える家、美しい庭を囲む家、路地の先に現れる隠れ家のような家など、それぞれに趣が異なります。キッチンには調理器具や調味料、食器類が用意してあるので、島の食材で料理を作るのもいいですね。
※古民家までは送迎があります。
※事前予約すれば、お野菜・お米の食材セットを用意してくれます。

【限定オプション】斑島サンセットツアー

東シナ海に沈む夕日を見よう
【限定オプション】斑島サンセットツアー-1
夕刻には古民家宿泊者限定の「斑島サンセットツアー」に参加。小値賀のことを何でも知っているガイドさんが陸上の夕日ポイントへ案内してくれる、人気のドライブツアーです。小値賀本島から斑大橋を渡り、島の最西端・斑島へ。オレンジ色に染まる空と東シナ海の水平線に沈みゆく夕日を鑑賞できます。
※このツアーは7日前までの事前予約制です。気象条件によっては、催行中止になる場合があります。

港へ送ってもらった後、福祉タクシーで約5分

【2日目】落花生加工体験

特産品の落花生を使ったおいしい体験
【2日目】落花生加工体験-1
翌日は、観光客でも気軽に利用できる福祉タクシーで移動します。まずは、小値賀の名産・落花生の加工を体験しましょう。島の土は太陽をたくさん浴びて輝く赤土なので、甘くてコクのある落花生ができるのだそう。その落花生を使って、郷土料理の「落花生とうふ」や「炒り落花生」を作ります。オリジナルラベルを貼った完成品は旅のお土産にもピッタリです。
※7日前までの事前予約制です。
※福祉タクシーは事前予約制です(TEL:0959-56-4193)。利用時間は9:00~17:00まで。

福祉タクシーで約10分

【2日目】古民家レストラン「継承 藤松」でランチ

情緒あふれる空間でいただく本格和食
【2日目】古民家レストラン「継承 藤松」でランチ-1
島の家庭料理をコースで提供する完全予約制のレストラン。島で水揚げされた新鮮な海の幸、火山の噴火によってできた赤土で育った野菜など、小値賀の恵みをたっぷりと使ったメニューを提供しています。建物は、かつて捕鯨や酒造りで富を築いた藤松家の築160年にもなる屋敷をリノベーション。料理を盛り付ける器には、かつて藤松家で使われていた漆器や陶磁器も使用しているのだそう。歴史が刻まれた落ち着いた空間で、島ならではの絶品料理をご堪能あれ!

福祉タクシーで約10分

【2日目】小値賀港周辺でお土産購入

可愛いパッケージのお土産がいっぱい!
【2日目】小値賀港周辺でお土産購入-1
最後は、港周辺でお土産探し!アオサ、塩ウニ、イカの一夜干し、サザエの佃煮、アワビのわたの塩辛、蒲鉾など、小値賀の海の恵みを持ち帰って楽しみましょう。また、小値賀港ターミナル内のショップでも、海産物はもちろん、名産の落花生を使ったお菓子や島の赤土を使って作られる「小値賀焼」など、小値賀ならではの品が揃います。

徒歩約5分

【2日目】小値賀港から佐世保港(長崎)へ

帰りは佐世保市街地で名物グルメを味わおう
【2日目】小値賀港から佐世保港(長崎)へ-1
1泊2日、癒しの小値賀旅はいかがでしたか。佐世保港へ到着したら、佐世保生まれのレモンステーキや佐世保バーガーを食べて、旅を締めくくりましょう!

GOAL

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

このページを見ている人は、こんなページも見ています