映画「69  sixty nine」-1

映画「69 sixty nine」

佐世保出身の作家・村上龍の自伝的小説「69(シックスティナイン)」をクドカンこと宮藤官九郎の脚本で映画化!
佐世保を舞台としたハチャメチャ青春グラフィティ「69  sixty nine」のロケ地を旅してみましょう!

作品紹介

佐世保出身の作家・村上龍の自伝的小説「69(シックスティナイン)」をクドカンこと宮藤官九郎の脚本で映画化。1969年、佐世保。全共闘、ウッドストック。世界がフリーダムとラブ&ピースを叫んでいた時代、高校生のケン(妻夫木聡)が、仲間のアダマ(安藤政信)、イワセ(金井勇太)らと繰り広げるハチャメチャ青春グラフィティ。

原作/村上龍 脚本/宮藤官九郎 監督/李 相日
出演/妻夫木聡、安藤政信、金井勇太、太田莉菜、柴田恭兵ほか

映画「69 sixty nine」ロケ地巡りモデルコース

映画「69 sixty nine」のロケ地を旅してみましょう!

関連動画

エキストラのコメント

私は友人に誘われて、市民エキストラとして参加しました。真夏の撮影だったので、出演者の方やスタッフの皆さんも汗を流しながら撮影に挑まれていました。朝早くから夜遅くまで撮影は続き、一つ一つのシーンに時間がかけられていて、とても大切に作られている事が感じられました。大好きな佐世保がフィルムを通 して多くの人に見て貰える嬉しさ、またそんな作品に少しでも関われたことを誇りに思います。

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。