大曽教会

オオソキョウカイ
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 県指定重要文化財のレンガ造りの教会
  • 五島
  • 教会堂
県指定重要文化財のレンガ造りの教会
外海地方の出津・黒崎・池島などから移住してきたキリシタンの子孫が住むという。 1916年、鉄川与助の設計施工で現教会が建てられた。 旧教会は若松島の土井ノ浦に移築されている。 現在の教会は、レンガ造りの重層屋根構造、内部は3廊式でリブヴォールト天井をもち、外壁にはれレンガの凹凸や色の違いを用いた装飾が行われている。    

基本情報

住所 〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
教会データ 建物 レンガ造平屋251㎡
竣工 1916年
設計・施工 鉄川与助
小教区 大曽小教区
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
定休日 特になし
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場
交通アクセス 青方から車5分、徒歩30分
  • 30
教会めぐりを選ぶ
閉じる 閉じる