島原城

シマバラジョウ
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城
  • 島原・雲仙・小浜
  • 史跡・文化財
松倉豊後守重政が、当時森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切り取って石垣を積み、堀を掘って7年の歳月を費やして築いた城

1616年、大和(奈良県)五条から島原に移封した松倉豊後守重政は、1618年から7年余の歳月を費やして島原城を築きました。

城は昔「四壁山」「森岳」などと呼ばれた小高い丘を利用して築かれたので別名を森岳城とも言います。南北に連なる連郭式平城で、外郭は周囲約4kmの長方形で塀をめぐらし、城門が7か所、平櫓が33か所ありました。

内郭は堀にかこまれた本丸・二の丸を設け、その北に藩主の居館である三の丸が続きます。本丸には安土桃山式建築の粋を集めた総塗り込めの五層の天守閣をはじめ、3か所に三層櫓がそびえ立つ豪壮堅固な城構えでありました。

城は松倉氏・高力氏・松平氏・戸田氏・松平氏と4氏19代253年間の居城でしたが、1874年に廃城となり、民間に払い下げられました。以来、文字通りの荒城となっていましたが、1964年に天守閣が復元されたのをはじめ櫓も復元され、次第に昔の面影がよみがえっています。 

現在、城内の建物はキリシタン史料館(天守閣)、北村西望記念館(巽の櫓)民具資料館(丑寅の櫓)などに利用されています。なかでもキリシタン史料館は、有名なキリシタン大名有馬晴信(ドン・プロタシオ)時代に盛んであった南蛮貿易時代から、宣教時代・禁教時代・弾圧時代と続き、島原の乱関連の資料を展示しています。

基本情報

住所 〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1183-1
内覧時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
定休日 年中無休
拝観料・入場料 大人540円、小・中・高生270円、30名以上の団体は個人の2割引
ホームページ 『島原城』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 島鉄バス「長崎空港」から105分、「島原駅前」下車、徒歩5分/島原鉄道「諫早駅」から70分、「島原駅」下車、徒歩5分/長崎空港から車で90分・諌早ICから60分
  • 50
教会めぐりを選ぶ
閉じる 閉じる