水ノ浦教会

ミズノウラキョウカイ
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
  • 五島
  • 神社・仏閣
ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会
水ノ浦の信徒は、五島と大村の藩の政策による1797年の外海(大野・牧野・神ノ浦)5人の男性とその妻子の移住にはじまると伝えられています。
1880年に最初の教会が建築されましたが、老朽化にともない、奥の土手を削って広げ、1938年、鉄川与助設計施工の木造の優美な現教会に改築されました。ロマネスク、ゴシック、和風建築が混合した白亜の美しい教会で、木造教会堂としては最大の規模を誇り、青空に尖塔がそびえる光景は絵になる美しさです。高台にはヨハネ五島(26聖人の内の五島出身者)の像や、弾圧時代の牢跡もあります。

※現在は感染症対策の一環で堂内の拝観を中止しております。
 

基本情報

住所 〒853-0701 長崎県五島市岐宿町岐宿1643-1
教会データ 【建物】木造平屋349㎡
【竣工】1938年
【設計・施工】鉄川与助
小教区 水ノ浦小教区
内覧時間 9時~16時
※但し、①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。②閉まっている場合もあります。
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場 有(※教会下または水ノ浦憩いの広場をご利用ください。但し、ミサ時は一般観光客使用不可。境内への乗り入れはご遠慮ください。)
交通アクセス 福江港から車で20分
水の浦バス停留所から徒歩2分
  • 9
教会めぐりを選ぶ
閉じる 閉じる