正覚寺(南蛮寺跡)

ショウカクジ(ナンバンジアト)
  • 1589年、天草五党の乱で小西行長に負けた上津浦氏は、行長のすすめで…
  • 1589年、天草五党の乱で小西行長に負けた上津浦氏は、行長のすすめで…
  • 島原・雲仙・小浜
  • 史跡・文化財
1589年、天草五党の乱で小西行長に負けた上津浦氏は、行長のすすめで…
1589年、天草五党の乱で小西行長に負けた上津浦氏は、行長のすすめで洗礼を受け、南蛮寺(教会堂)を建てた。天草の乱後、初代天草代官鈴木重成の要請できた珪法禅師が、跡をそのままにして傍らに、正覚寺を建てたという。境内の小さな御堂にキリシタン墓碑が安置されている。

基本情報

住所 〒861-7311 熊本県天草市有明町上津浦3550(国道324号線沿いの上津浦郵便局から山手に入ると案内がある。)
ホームページ 『正覚寺(南蛮寺跡)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 熊本市から車で1時間55分
  • 2
このページを見た人はこんなページも見ています
教会めぐりを選ぶ
閉じる 閉じる