マルマン神父の墓(カトリック共同墓地)

マルマンシンプノハカ(カトリックキョウドウボチ)
  • 黒島天主堂建設に尽力をつくしたマルマン神父が眠る地
  • 黒島天主堂建設に尽力をつくしたマルマン神父が眠る地
  • 黒島天主堂建設に尽力をつくしたマルマン神父が眠る地
  • 黒島天主堂建設に尽力をつくしたマルマン神父が眠る地
  • 佐世保・ハウステンボス
  • 史跡・文化財
黒島天主堂建設に尽力をつくしたマルマン神父が眠る地
最初に下五島の担当として赴任したマルマン神父は、貧困の犠牲となる子どもの養育事業などに奮闘し、伊王島、奄美大島、琉球を経て、1897年、黒島に赴任した。初代の堂崎教会堂など各地の教会堂をつくった。一時フランスへ帰国するが終生黒島ですごし、1912年に没する。




基本情報

住所 〒857-3271 長崎県佐世保市黒島町 カトリック共同墓地
ホームページ 『マルマン神父の墓(カトリック共同墓地)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス カトリック共同墓地は黒島教会堂から徒歩10分
  • 1
教会めぐりを選ぶ
閉じる 閉じる