このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEながさきの島々下五島 > 観光施設一覧

下五島の観光施設一覧

第25回 五島椿まつり


第25回 五島椿まつり

「東の大島、西の五島」と並び称されるほど、椿の自生地として名高い五島。 幻の銘花「玉之浦」を生んだ五島では、古来より人々の生活に広く、深く、椿が関わってきました。 今回25回目の開催となる「五島椿まつり」では、椿に関する展示、イベント、ツアーが盛りだくさんです。 椿色に染まった冬の五島を、あな…

event

楠原教会


楠原教会

楠原地区は、1797年の五島藩要請で、六方の浜から上陸した第1陣の外海キリシタンが移住し、開墾した地域です。 仏教徒を装っていたときは穏やかな暮らしでしたが、久賀島から始まった五島崩れは、楠原にもおよび、信者が捕らえられました。 禁教の高札がおろされたのちの、1912年、ようやく現在のレンガ造の教会が建ちまし…

junrei

大瀬崎灯台


大瀬崎灯台

明治12年12月15日に初点灯。英国人R・プラトンの設計と言われています。 現在のものは昭和46年に改築したもので、光力は3,700カンデラ光達距離は約22kmにもおよぶ日本屈指の灯台です。 初代灯台の一部は東京・お台場の船の科学館に展示されています。(本館展示は無期限で休止中。屋外展示) また、展望台から…

guide

旧五輪教会堂


旧五輪教会堂

1881年建立の旧浜脇教会が1931年の建替えのとき、五輪地区に移築されました。 この旧教会が老朽化で解体される寸前、島内の仏教徒の助言によって価値が再確認され、五島市に移譲される事になり文化財として保存されました。 この地区は久賀島の中でいまだに直接車で行くことができない陸の孤島。 世界文化遺産「長崎と天…

junrei

江上天主堂


江上天主堂

江上天主堂の歴史は、1881(明治14)年、西彼杵郡などより移住した4家族が洗礼を受けたことにはじまりました。 現教会は、1918年、40~50戸あまりの信徒が共同し、キビナゴの地引網で得た資金で建てられました。 日本における教会建築の父・鉄川与助に依頼し、設計施工。クリーム色の外壁や水色の窓枠がアクセン…

junrei

ページトップへ

閉じる 閉じる