このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOMEながさきの島々壱岐 > 絶景スポット

絶景スポット

壱岐のシンボル的な存在

壱岐のシンボル的な存在

猿岩

物憂げな猿の顔!? 壱岐島誕生の神話における八本の柱

黒崎半島の先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿の顔のように見えることから猿岩と呼ばれるようになりました。壱岐島誕生神話における八本の柱の一つ「折柱」とされています。

スポット詳細を見る

まるで猿が遥か彼方を見ているかのような形の岩

まるで猿が遥か彼方を見ているかのような形の岩

猿岩

物憂げな猿の顔!? 壱岐島誕生の神話における八本の柱

黒崎半島の先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿の顔のように見えることから猿岩と呼ばれるようになりました。壱岐島誕生神話における八本の柱の一つ「折柱」とされています。

スポット詳細を見る

壱岐の美しい海に溶け込むユーモラスな風景

壱岐の美しい海に溶け込むユーモラスな風景

猿岩

物憂げな猿の顔!? 壱岐島誕生の神話における八本の柱

黒崎半島の先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿の顔のように見えることから猿岩と呼ばれるようになりました。壱岐島誕生神話における八本の柱の一つ「折柱」とされています。

スポット詳細を見る

海中に観音岩が立つ「左京鼻」も八本の柱のひとつ

海中に観音岩が立つ「左京鼻」も八本の柱のひとつ

猿岩

物憂げな猿の顔!? 壱岐島誕生の神話における八本の柱

黒崎半島の先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿の顔のように見えることから猿岩と呼ばれるようになりました。壱岐島誕生神話における八本の柱の一つ「折柱」とされています。

スポット詳細を見る

海女の守護神、はらほげ地蔵

海女の守護神、はらほげ地蔵

猿岩

物憂げな猿の顔!? 壱岐島誕生の神話における八本の柱

黒崎半島の先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿の顔のように見えることから猿岩と呼ばれるようになりました。壱岐島誕生神話における八本の柱の一つ「折柱」とされています。

スポット詳細を見る

  • 壱岐のシンボル的な存在

    壱岐のシンボル的な存在

  • まるで猿が遥か彼方を見ているかのような形の岩

    まるで猿が遥か彼方を見ているかのような形の岩

  • 壱岐の美しい海に溶け込むユーモラスな風景

    壱岐の美しい海に溶け込むユーモラスな風景

  • 海中に観音岩が立つ「左京鼻」も八本の柱のひとつ

    海中に観音岩が立つ「左京鼻」も八本の柱のひとつ

  • 海女の守護神、はらほげ地蔵

    海女の守護神、はらほげ地蔵

鬼ヶ島伝説が伝わる絶景名所

鬼ヶ島伝説が伝わる絶景名所

鬼の足跡

断崖絶壁が物語る鬼ヶ島伝説の舞台

壱岐は5万の鬼が棲む“鬼が島”だったという伝説があり、人間業とは思えないことは鬼の仕業と考えられてきました。牧崎公園には周囲110mの海蝕によってポッカリと空いた穴があり、これは大鬼がクジラを捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられています。

スポット詳細を見る

玄武岩の海蝕崖の絶壁上に広がる大草原

玄武岩の海蝕崖の絶壁上に広がる大草原

鬼の足跡

断崖絶壁が物語る鬼ヶ島伝説の舞台

壱岐は5万の鬼が棲む“鬼が島”だったという伝説があり、人間業とは思えないことは鬼の仕業と考えられてきました。牧崎公園には周囲110mの海蝕によってポッカリと空いた穴があり、これは大鬼がクジラを捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられています。

スポット詳細を見る

春分と秋分の日は穴におさまるように夕日が沈む

春分と秋分の日は穴におさまるように夕日が沈む

鬼の足跡

断崖絶壁が物語る鬼ヶ島伝説の舞台

壱岐は5万の鬼が棲む“鬼が島”だったという伝説があり、人間業とは思えないことは鬼の仕業と考えられてきました。牧崎公園には周囲110mの海蝕によってポッカリと空いた穴があり、これは大鬼がクジラを捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられています。

スポット詳細を見る

壱岐をまたいで鬼が鯨をとったと伝えられている

壱岐をまたいで鬼が鯨をとったと伝えられている

鬼の足跡

断崖絶壁が物語る鬼ヶ島伝説の舞台

壱岐は5万の鬼が棲む“鬼が島”だったという伝説があり、人間業とは思えないことは鬼の仕業と考えられてきました。牧崎公園には周囲110mの海蝕によってポッカリと空いた穴があり、これは大鬼がクジラを捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられています。

スポット詳細を見る

穴は高さ30m周囲110mの大きさ

穴は高さ30m周囲110mの大きさ

鬼の足跡

断崖絶壁が物語る鬼ヶ島伝説の舞台

壱岐は5万の鬼が棲む“鬼が島”だったという伝説があり、人間業とは思えないことは鬼の仕業と考えられてきました。牧崎公園には周囲110mの海蝕によってポッカリと空いた穴があり、これは大鬼がクジラを捕るために踏ん張ってできた足跡だと伝えられています。

スポット詳細を見る

  • 鬼ヶ島伝説が伝わる絶景名所

    鬼ヶ島伝説が伝わる絶景名所

  • 玄武岩の海蝕崖の絶壁上に広がる大草原

    玄武岩の海蝕崖の絶壁上に広がる大草原

  • 春分と秋分の日は穴におさまるように夕日が沈む

    春分と秋分の日は穴におさまるように夕日が沈む

  • 壱岐をまたいで鬼が鯨をとったと伝えられている

    壱岐をまたいで鬼が鯨をとったと伝えられている

  • 穴は高さ30m周囲110mの大きさ

    穴は高さ30m周囲110mの大きさ

島の大部分を見渡すことができる絶景スポット

島の大部分を見渡すことができる絶景スポット

岳の辻

絶景スポットは古代の通信基地

標高212.8mの壱岐最高峰。頂上付近には展望台があり、島全体を見渡すことができます。白村江の敗戦の翌年には、唐・新羅の来襲に備えて壱岐にも防人(さきもり)と烽(とぶひ)を設置。岳の辻山頂には狼煙台が置かれ、対馬・壱岐と九州本土を結ぶ緊急連絡用として利用されました。

スポット詳細を見る

山頂付近に残る狼煙台跡

山頂付近に残る狼煙台跡

岳の辻

絶景スポットは古代の通信基地

標高212.8mの壱岐最高峰。頂上付近には展望台があり、島全体を見渡すことができます。白村江の敗戦の翌年には、唐・新羅の来襲に備えて壱岐にも防人(さきもり)と烽(とぶひ)を設置。岳の辻山頂には狼煙台が置かれ、対馬・壱岐と九州本土を結ぶ緊急連絡用として利用されました。

スポット詳細を見る

晴れた日には九州本土や対馬が展望できる

晴れた日には九州本土や対馬が展望できる

岳の辻

絶景スポットは古代の通信基地

標高212.8mの壱岐最高峰。頂上付近には展望台があり、島全体を見渡すことができます。白村江の敗戦の翌年には、唐・新羅の来襲に備えて壱岐にも防人(さきもり)と烽(とぶひ)を設置。岳の辻山頂には狼煙台が置かれ、対馬・壱岐と九州本土を結ぶ緊急連絡用として利用されました。

スポット詳細を見る

島内の最高峰に立つ展望台

島内の最高峰に立つ展望台

岳の辻

絶景スポットは古代の通信基地

標高212.8mの壱岐最高峰。頂上付近には展望台があり、島全体を見渡すことができます。白村江の敗戦の翌年には、唐・新羅の来襲に備えて壱岐にも防人(さきもり)と烽(とぶひ)を設置。岳の辻山頂には狼煙台が置かれ、対馬・壱岐と九州本土を結ぶ緊急連絡用として利用されました。

スポット詳細を見る

  • 島の大部分を見渡すことができる絶景スポット

    島の大部分を見渡すことができる絶景スポット

  • 山頂付近に残る狼煙台跡

    山頂付近に残る狼煙台跡

  • 晴れた日には九州本土や対馬が展望できる

    晴れた日には九州本土や対馬が展望できる

  • 島内の最高峰に立つ展望台

    島内の最高峰に立つ展望台

島を楽しむ!おすすめセレクション

ページトップへ