> トップ > 新着情報・トピックス

新着情報・トピックス

長崎県観光連盟/長崎県観光振興課からお知らせする新着情報・トピックスです。

過去の新着情報・トピックスの一覧はこちらへ
RSS XMLRSSはこちら


«Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

長崎県総おもてなし運動 総会」を開催しました。

02/13/17 09:25 PM

◎長崎県総おもてなし運動の総会で、平成29年度の取組方針を決定しました。

2017年2月13日に開催した『平成28年度「長崎県総おもてなし運動推進会議」総会』にて、「長崎県総おもてなし運動」の平成29年度の具体的取組を決定しました。

具体的取組につきましては、こちら をご覧ください。

20170306-2017-0306aisatu2.jpg

20170306-2017-0306kaijyo2.jpg

02/13/17 09:25 PM 『長崎県総おもてなし運動 総会」を開催しました。』についての固定リンク


「長崎県総おもてなし運動 促進決起集会」を開催しました。

11/08/16 07:20 PM

平成28年11月8日に「おもてなし運動 促進決起集会」
〜趣意書・ワッペンの交付・装着式〜を開催しました。

◎「おもてなし日本一」の実現に向け、産官民一体となって
機運醸成に取組むことを確認しました。

おもてなし運動への参加協力を呼びかける「趣意書」と
「観光客を笑顔にさせる応対」への意識向上につなげる為に、
「あふれる笑顔で旅のおてつだい」と書かれた黄色い「ワッペン」を、
中村知事等から出席団体の代表に贈呈していただきました。

集会後、中村法道県知事、県市長会の古川六囲催膰胸堋后
県町村会の吉田愼一長与町長、県総おもてなし運動推進会議の上田惠三会長、
県観光連盟の宮脇雅俊会長が、ホテルニュー長崎のフロント、
おみやげ品名店街や市観光案内所などのスタッフに、
ワッペンを手渡し、身に着けてもらいました。

◎集会出席者一覧表

仝内各地の観光協会
○(一社)長崎国際観光コンベンション協会  ○(公財)佐世保観光コンベンション協会 
○(一社)大村市観光コンベンション協会   ○(一社)平戸観光協会 
○(株)島原観光ビューロー         ○小浜温泉観光協会
○(一社) 雲仙温泉観光協会         ○(一社)南島原ひまわり観光協会
○佐々町観光協会             ○(一社)五島市観光協会
○五島観光連盟              ○(一社)壱岐市観光連盟

観光関係業界団体 等
○小浜温泉旅館組合女将の会       ○九州旅客鉄道(株)長崎支社
○佐世保旅客船協会           ○島原鉄道(株)
○長崎空港ビルディング(株)      ○長崎県商工会議所連合会 
○(一社)長崎県タクシー協会        ○(一社)長崎県バス協会
○(一社)長崎県物産振興協会        ○長崎県旅館ホテル生活衛生同業組合
○長崎電気軌道(株)          ○ハウステンボス(株)
○(一財)長崎県地域婦人団体連絡協議会   ○長崎県バリアフリーネットワーク
○(一社)長崎市タクシー協会

主たる観光地の土産物商店街 等
○南山手地区観光推進協議会(グラバー園通り)
○長崎おみやげ品名店街(ニュー長崎ビル)
○長崎駅前商店街組合          
○(有)和泉屋(平和公園近隣)
○(有)園田真珠(原爆資料館近隣)            

※当日の資料はこちらからご覧ください。
1. 「長崎県総おもてなし運動 促進決起集会」式次第
2.  趣意書
3. 「長崎県総おもてなし運動 促進決起集会」の様子

11/08/16 07:20 PM 『「長崎県総おもてなし運動 促進決起集会」を開催しました。』についての固定リンク


車イス貸出サービスをご利用ください!

09/28/16 02:20 PM

長崎県バリアフリーネットワークでは、旅行に不安を感じている皆さまへ、安心して旅行がお楽しみいただけるよう、車イスの貸出サービスを行っています。

手動車イスは無料、電動車イスは有料(5,000円/週)で貸出いたします。
長崎県の観光旅行にぜひご利用ください。
なお、台数に限りがございますので、ご予約をお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。

■手続きの手順
‥渡辰泙燭魯瓠璽襪罵縮鵝申込
長崎県内の空港・JR駅・ホテル等で貸出
D杭蠍内の空港・JR駅・ホテル等で返却
(一週間単位でお貸しします)

■申込・問合せ
長崎県バリアフリーネットワーク
Tel.0957-47-5308
e-mail:info@nagasakiken-barrierfree.org

09/28/16 02:20 PM 『車イス貸出サービスをご利用ください!』についての固定リンク


第13回長崎サミットで長崎県総おもてなし運動の具体的取組方針を発表しました。

08/01/16 06:17 PM

第13回長崎サミットで長崎県総おもてなし運動の具体的取組方針を発表しました。

2016年8月1日に開催された「第13回長崎サミット」にて
「長崎県総おもてなし運動」の具体的取組方針を発表しました。

取組方針につきましてはこちらをご覧ください。

08/01/16 06:17 PM 『第13回長崎サミットで長崎県総おもてなし運動の具体的取組方針を発表しました。』についての固定リンク


【事業者向け】長崎DCおもてなしセミナー開催のお知らせ

06/23/16 05:20 PM

長崎デスティネーションキャンペーン開催を前に、県全体で「おもてなし」の推進を図るため、長崎市内にて「長崎DCおもてなしセミナー」を開催いたます。

セミナーには旅行コメンテーターであり、デスティネーションキャンペーンにも深く関わられている「寺田一義氏」を講師に迎え、事業者向けの講演を予定しております。

観光事業に従事されている方、ガイドの方など、この機会にぜひご参加ください。

※平成28年8月〜9月において、佐世保市及び諫早市でも、別途おもてなしセミナーの開催を予定しています。
(日程・講師は調整中)

 ○日 時:平成28年7月28日(木)14時〜15時45分
 ○場 所:ホテルニュー長崎 3階 鳳凰閣 (長崎市大黒町14番5号)
 ○参加費:無 料
 
 【申込み・問い合わせ】
 長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会事務局
 Tel. 095−895−2646

※講師についてのプロフィール等はこちらのチラシをご覧ください。

06/23/16 05:20 PM 『【事業者向け】長崎DCおもてなしセミナー開催のお知らせ 』についての固定リンク


島原おもてなしセミナーが開催されました。

06/20/16 05:19 PM

平成28年6月13日(月)に島原市で観光ビジネスコンサルタンツおもてなし経営研究所代表取締役の西川丈次氏を講師に迎え事業者向けにおもてなしセミナーが開催されました。

今後も県内3ヶ所でおもてなしセミナーを予定しております。

DC開催に向け、来県される方の心に残る旅のお手伝いができるよう
おもてなしの取り組みを進めます。

06/20/16 05:19 PM 『島原おもてなしセミナーが開催されました。 』についての固定リンク


平成28年秋「長崎デスティネーションキャンペーン」の開催について

02/26/16 09:56 AM

地元自治体・観光関係団体等とJRグループが協力して実施する国内最大規模の観光キャンペーンである「デスティネーションキャンペーン」が平成28年10月から12月の期間、長崎県で開催されます。

期間中はJR主要1000駅を中心に全国でポスター掲示やテレビ番組でのCM、旅行雑誌などで集中宣伝が展開され、全国の主要大手旅行会社にて、キャンペーンに合わせて長崎向けの旅行商品が多く企画されますので、多くのお客様が来県されます。

長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会は、長崎県総おもてなし運動と連動して、訪れる観光客のみなさまに心温まるおもてなしを提供できるよう、観光事業者向けのおもてなしセミナーの開催をはじめ、これまで以上におもてなしに取り組んで参ります。

なお、長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会ではキャンペーンのキャッチフレーズである「旅さきは、ながさき。」を入れたおもてなしワッペンを制作いたしました。各市町、観光協会、観光施設、ホテル等に配布し、昨年11月に開催された「全国宣伝販売促進会議」「エクスカーション」にて着用し、おもてなしを行いました。

本キャンペーン期間中も広く関係各所で着用し、ご来県いただいたお客様を心をこめてお迎えいたします。

<問合せ先>
長崎デスティネーションキャンペーン推進協議会事務局
Tel.095-895-2646 Fax.095-826-5767
長崎デスティネーションキャンペーンホームページ

20160226-img_2853.jpg

02/26/16 09:56 AM 『平成28年秋「長崎デスティネーションキャンペーン」の開催について』についての固定リンク


第6回「長崎県総おもてなし運動」小中学生作文コンクールの入賞者が決定しました。

12/03/15 05:00 PM

 本年度、次代を担う子どもたちの本県における観光産業の重要性やおもてなしの大切さへの理解を深めていただく機会を創出することを目的に小中学生を対象とした作文コンクールを実施したところ、小学生の部54作品、中学生の部458作品の応募がありました。
 作文にあたっては、児童生徒自らの体験やおもてなしへの想い、自身の取組、提案等を自由に記述することとして、厳正な審査の結果、下記のとおり入賞者が決定しました。

 本コンクールへのたくさんのご応募ありがとうございました。


第6回「長崎県総おもてなし運動」小中学生作文コンクール入賞作品の紹介

小学生の部(※題名をクリックすると作文全文が表示されます)
審査結果氏名学校名学年題名
最優秀賞小野 咲良
長崎市立伊良林小学校4年バイバイのバス
優秀賞岡野 彩夏長崎市立城山小学校5年長崎県のファンをいっぱいに
優秀賞田川 美桜長崎市立西町小学校6年私から広げる「おもてなし」
おもてなし特別賞綾部 雄大南島原市立野田小学校 6年『おもてなし』とは何だろう
おもてなし
特別賞
石橋 さやか島原市立第五小学校6年一番はおもてなしの心!
入選吉永 愛伽平戸市立中津良小学校 5年私が出来る事
入選鴨川 きらり平戸市立紐差小学校 5年みんなもやってみんねおもてなし
入選宮 わかば南島原市立野田小学校 4年おもてなしはなぜするの?
入選田中 嶺央西海市立西海東小学校 4年ぼくがおもてなしすること

◆作品講評
○最優秀賞 長崎市立伊良林小学校 4年 小野 咲良 さん
  『バイバイのバス』

 タイトルから率直におもてなしの取組が伝わり、読んだ人に、「こういうことも“おもてなし”になるんだ」ということを気づかせてくれる作品です。お母さんとのコミュニケーションの中でおもてなしの心が継承されている点も素晴らしく、とても印象に残る作品でした。


○優秀賞 長崎市立城山小学校 5年 岡野 彩夏 さん
  『長崎県のファンをいっぱいに』

 家族で「おそうじさるく」に参加した体験や上海に行った時に体験したおもてなし等を通じて、町を綺麗にするゴミ拾いや外国人観光客への声かけなど、自分にできるおもてなしに気づき、これから取り組んでいこうという想いが強く伝わる作品でした。


○優秀賞 長崎市立西町小学校 6年 田川 美桜 さん
  『私から広げる「おもてなし」』

 おもてなしのアイディアについて具体的に書かれていて、「なるほど」と思わせてくれる作品です。
 『「おもてなし」は、する側が楽しい気持ちですると、される側にもその気持ちが伝わると思います。無理をしないことが大切です。』というフレーズが印象的でした。


○おもてなし特別賞 南島原市立野田小学校 6年 綾部 雄大 さん
  『「おもてなし」とは何だろう』

 「相手にとって何が一番嬉しいおもてなしなのだろうか」ということについて、一生懸命考えていることが伝わってくる作品です。
 個人の体験にとどまらず、世界遺産の登録により観光客が増えることを予想したおもてなしについて触れられているところも評価されました。


○おもてなし特別賞 島原市立第五小学校 6年 石橋 さやか さん
  『一番はおもてなしの心!』

 「旅のお手伝い掲示板」や「長崎のよさを伝える歌」など、おもてなしの実践に向けた独自の提案が書かれており、おもてなしに対する想いが伝わる作品でした。



中学校の部(※題名をクリックすると作文全文が表示されます)
審査結果氏名学校名学年題名
最優秀賞末永 大貴雲仙市立小浜中学校 3年 「宝箱」
優秀賞森本 喜咲長崎市立山里中学校2年長崎名物!「おもてなし」
優秀賞峰 ゆり花長崎市立戸町中学校 1年笑顔とプラス1
おもてなし特別賞楯林 史晴青雲中学校 3年日本のおもてなしの心を大切に
おもてなし特別賞山口 実桜純心中学校 3年よりよいおもてなし
入選河手 輝佐世保市立祗園中学校2年身近にできるおもてなし
入選前田 日和川棚町立川棚中学校 1年育もう!思いやりとおもてなしの輪
入選芦塚 友里乃青雲中学校3年私ができるおもてなしとは
入選塚本 絢和青雲中学校3年おもてなしの心

◆作品講評
○最優秀賞 雲仙市立小浜中学校 3年 末永 大貴 さん
  『「宝箱」』

 自分が体験したことをもとに、福祉の視点からおもてなしについて考えられている点が高く評価されました。『思い出は宝。お客様や住民にとって長崎はいい思い出が詰まった「宝箱」の様な場所でありたい。』というフレーズがとても心に残る作品でした。


○優秀賞 長崎市立山里中学校 2年 森本 喜咲 さん
  『長崎名物!「おもてなし」』

 長崎を訪れた修学旅行生から心のこもったパンフレットをもらった時にお礼を言えなかった反省から、笑顔で挨拶をすることの大切さに気づいた点や、おもてなしは自分の町に来てくれる人だけでなく、自分が行った先でもできるものだということに気づいたというエピソードが素晴らしい作品でした。


○優秀賞  長崎市立戸町中学校 1年 峰 ゆり花 さん
  『笑顔とプラス1』

 おもてなしは、もてなす相手が気を遣わないように気がけるという本質を持った言葉であり、相手のことを考えてプラス1の気配りをすることがおもてなしではないかという自分なりの考えを持ち、自分にできるおもてなしを具体的に考えている点が高く評価されました。


○おもてなし特別賞 青雲中学校 3年 楯林 史晴 さん
  『日本のおもてなしの心を大切に』

 家族旅行で宿泊した旅館のおもてなしについて具体的に書かれており、その時に感じたおもてなしへの想いが伝わってきました。『お客様の期待をいい意味で裏切るような気遣いこそが「おもてなし」』というフレーズに、なるほどと思わせてくれた作品でした。


○おもてなし特別賞 純心中学校 3年 山口 実桜 さん
  『よりよいおもてなし』

 外国人観光客に道を聞かれ、間違いを教えてしまったという経験から、「もう自分のせいで観光客の旅行を壊すようなことは絶対にしたくない」という言葉が綴られていて、これからのおもてなしの取組につながる強い想いが伝わってくる作品でした。


■審査委員
 村上真奈美(長崎市立大浦中学校 教諭)
 河村規子(企画・編集オフィス ノンブル 代表)
 村山弘司(長崎県観光振興課 企画監)

12/03/15 05:00 PM 『第6回「長崎県総おもてなし運動」小中学生作文コンクールの入賞者が決定しました。』についての固定リンク


平成27年度「ながさき・おもてなし表彰」受賞者が決定しました。

09/19/15 04:38 PM

平成27年度「ながさき・おもてなし表彰」受賞者決定

長崎県では、本県を訪れた方々に県民みんなで心温まるおもてなしを行い、「長崎に来てよかった」と感じていただけるよう、長崎県総おもてなし運動に取り組んでいます。
その一環として、長崎県内で日頃から実践されているおもてなしの取組みを募集し、ご応募いただいた中から特に素晴らしい活動を表彰する「ながさき・おもてなし表彰」の受賞者が下記のとおり決定しました。



1.長崎県知事賞
○対馬市立豆酘中学校生徒会(対馬市)
地域での清掃活動や花植えの活動をはじめ、毎年開催される豆酘の里ロードレース大会では、参加者への手書きのメッセージカードの作成や大会運営の手伝い等を継続的に行っています。
また、豆酘の名所や特産物等を日本語、英語、韓国語で紹介したパンフレットを作成し、観光施設等に設置する等、地域のPR活動にも取り組んでいます。

2.長崎県総おもてなし運動推進会議会長賞

【一般部門】

○NPO法人長崎バリアフリー推進協議会(長崎市)
観光地、食事処、トイレ等のバリアフリー情報や高齢者・障害者向けのおすすめ観光モデルコース等の情報発信を行っているほか、全国からのバリアフリーに関する問い合わせや移動手段等の相談への対応、車イスの貸し出しサービス等を行っています。

○壱岐島おこし応援隊「チーム防人」(壱岐市)
島を訪れる方々を手作りの横断幕でお迎え・お見送りする活動や海岸の漂着ゴミの清掃活動に取り組むとともに、島の人達に自分の島のことを知ってもらい、おもてなしの心でお迎えすることのできる人材を育成することを目的に、「壱岐おもてなし案内人実践バスツアー」を実施しています。

【教育部門】

○壱岐市立霞翠小学校(壱岐市)
島内を約17kmから25kmの5コースに分け、児童が中心となって、地域の方々と歩きながらゴミを拾う活動や、年に4回、朝の登校時にゴミを拾う活動を行っています。

○松浦市立青島小中学校(松浦市)
毎週火曜日の朝、小学1年生から中学3年生までの全校児童生徒がフェリー乗り場まで行き、来島される方への挨拶活動を実施しており、訪れる方々に元気を与えています。

09/19/15 04:38 PM 『平成27年度「ながさき・おもてなし表彰」受賞者が決定しました。』についての固定リンク


「ながさき・おもてなしフォーラム2015」の開催

08/10/15 09:58 AM

「ながさき・おもてなしフォーラム2015」を開催します!

長崎県では、訪れた方に「来てよかった」「また来たい」と感じていただける心と心がふれあう「おもてなし」の県を目指して、事業者、観光関係団体、行政、県民が一体となっておもてなしに取り組む「長崎県総おもてなし運動」を推進しています。


このたび、県民総参加でのおもてなしのさらなる推進を図るため、本県におけるおもてなしについて共に考える「ながさき・おもてなしフォーラム2015」を以下のとおり開催することといたしました。
皆様のご参加をお待ちしております。


1.日時  平成27年9月4日(金)13:10〜16:10

 

2.場所  ホテルセントヒル長崎 3階 紫陽花の間(長崎市筑後町4−10)


3.内容  

【第一部】13:15〜14:40

  
  • 「ながさき・おもてなし表彰」授賞式
  •   
  • おもてなしセミナー『長崎のおもてなし〜あふれる笑顔で旅のおてつだい〜』
      「おもてなしとは何か」という基本的なことや、長崎らしいおもてなし等について学びます。
      (講師) 株式会社さくらコミュニケーションズ 代表取締役 古川 智子 氏 
  • (講師プロフィール)
    江戸期創業の大手老舗企業における総合職社員として、人材開発・教育研修を担当。この時に責任者として、300年に渡り江戸の老舗に受け継がれてきた「江戸しぐさ」をベースとした教育プログラムを構築。組織に「おもてなしの心」を育むための手法を誰にでも分かりやすくノウハウ化しメディアから注目を集める。
    株式会社さくらコミュニケーションズ設立後、「おもてなし」推進活動の第一人者、「おもてなし」講演・セミナーの先駆者として、これまでに全国47都道府県の自治体、企業、商工団体、観光協会・ボランティアガイドの会などで年間300回、延べ1500回を超す講演・セミナーの実績を持つ。「とにかく分かりやすい」「誰もが笑顔になる魔法のようなセミナー」「人生に輝きを与えるセミナー」と評判を集めている。「おもてなし研究家」としてテレビ・ラジオの番組制作にも協力を行い、「地域ブランドアドバイザー」としても全国各地で活動している。一般社団法人日本おもてなし推進協議会 理事長。
     
    ※セミナー受講者には、一般社団法人日本おもてなし推進協議会が発行する「おもてなしエキスパート」認定証を交付します。

    【第二部】14:55〜16:10


      
  • 「ながさき・おもてなし協力隊」活動報告会及び意見交換会
    県内で活動する「ながさき・おもてなし協力隊」の活動報告後、今後のおもてなしの取組みや、県全体におもてなしの取組みを広げていくためのアイディア等について意見交換を行います。


  • 4.参加費 無料


    5.申込み 不要 

      

    6.お問い合わせ先
      長崎県観光振興課 観光まちづくり班
      〒850−0035
      長崎市元船町14−10 橋本商会ビル8階
      TEL 095−895−2643
      FAX 095−826−5767

    08/10/15 09:58 AM 『「ながさき・おもてなしフォーラム2015」の開催』についての固定リンク


    «Prev | | 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»