このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME今めぐりたい!長崎県の近代化遺産 > 生活・住宅

今めぐりたい!長崎県の近代化遺産(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業)

生活・住宅近代化遺産

生活・住宅

世界遺産認定(明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

日本の近代化に貢献したグラバーの住宅兼事務所

旧グラバー住宅

きゅうぐらばーじゅうたく

旧グラバー住宅

見学

グラバー園の一部として見学できます。

長崎県長崎市

1863年(文久3年)

スコットランド出身の貿易商トーマス・ブレーク・グラバーは1859年の開港と同時に長崎を訪れ、石炭・造船の分野で日本の近代文明の進展に大きく貢献しました。旧グラバー住宅は、国内に現存する最古の木造洋風建築で居住やビジネスの拠点としてだけでなく、文化交流の場としても使われていました。この南山手の高台からは、長崎の港と対岸の三菱重工業(株)長崎造船所が一望できます。現在はグラバー園の中心施設として多くの観光客が訪れています。

英国様式と日本の伝統的な建築技術を駆使した国指定重要文化財

詳細はこちら


出島最後の外国人所有「英国式明治洋風建造物」

旧長崎内外クラブ

きゅうながさきないがいくらぶ

旧内外クラブ記念館

見学

見学できます

長崎県長崎市

1903年(明治36年)

旧内外クラブはトーマス・ブレーク・グラバーの息子、倉場富三郎をはじめ横山寅一郎、荘田平五郎らが、長崎に在留する外国人と日本人の社交の場として1899年(明治32年)に設立した「長崎内外倶楽部」があった建物で、現在の建物は明治36(1903)年にF.リンガーによって建てられた英国式明治洋風建築です。現在は、レストラン及び展示室となっており、見学することができます。

明治時代、外国人と日本人の交流の場として造られた


昭和初期、外国人向けに造られたホテル

雲仙観光ホテル

うんぜんかんこうほてる

雲仙観光ホテル

見学

雲仙観光ホテルは現在も当時の姿を残しつつ営業されています。

長崎県雲仙市

1935年(昭和10年)

日本初の国立公園に指定され、古くから外国人向けの避暑地として親しまれてきた雲仙に、昭和10年にオープンしたホテルです。竹中工務店が設計(早良俊夫氏)・施工を担当した第一号ホテルで、スイスシャレー様式を取り入れた山小屋風の建築となっています。地上3階、地下1階建で、ビリヤード場や理容室、硫黄泉浴室も完備されました。第二次大戦後は駐留米軍に接収されましたが、昭和25年には接収が解除、営業再開となりました。

当時としては画期的な東洋の美と西洋の美が融合したホテル


日本で最も古いパブリックコース

雲仙ゴルフ場

うんぜんごるふじょう

雲仙ゴルフ場

見学

現在も「雲仙ゴルフ場」として運営されています。

長崎県雲仙市

1913年(大正2年)

20世紀初め、日本で最も古いといわれるパブリックコースが造られたのがここ、雲仙ゴルフ場です。雲仙は日本で初めて国立公園に指定された地でもあり、国内外の方から避暑地として親しまれていました。現在も当時の姿を残しつつ、ゴルフ場として利用されています。

外国人も多く訪れた、日本で最も古いパブリックコース

詳細はこちら


貴重な江戸時代の登窯の形を残す

智惠治登窯跡

ちえじのぼりがまあと

智恵治登窯

見学

見学できます。

長崎県東彼杵郡波佐見町

1907年(明治40年)

江戸時代の連房式登窯の形式を残している、肥前地区では唯一のものです。築窯は明治40年ですが、昭和10年に小柳智惠治により大規模な改修を受け、現在の形になりました。ここでは主に日用食器、割烹食器、壺などが生産されましたが、優れた作品が多く、昭和天皇への献上品も生産されています。昭和27年まで使用されていましたが、窯室5室のうち2室は取り壊され、現在は3室が当時の姿をとどめています。

江戸期の登窯構造がそのままの形で残っている貴重な登窯

ページトップへ

閉じる 閉じる