このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり > エリアから探す > 長崎エリア

教会めぐり

【長崎エリア】検索の一覧

長崎エリア

 港町長崎のキリシタンの歴史は、1567年、宣教師ルイス・デ・アルメイダによる布教に始まります。大村純忠による長崎開港によって各地からキリシタンが集まり、長崎はキリシタンの町として発展しました。しかし「東洋のローマ」と譬えられた長崎は、禁教令とともに受難の舞台へと変貌します。
 1644年以降約250年もの間、日本には司祭はただの一人もいませんでした。しかしキリシタンは五人組制度や踏絵、宗門人別改めなどという徹底した取り締まりのなか、密かに教えを守り伝えたのでした。1865年、浦上の信徒発見は「世界宗教史の奇跡」と驚きをもって迎え入れられ、いまも語り継がれています。
 キリシタンの里、浦上の丘に東洋一の天主堂が聳え、やがて頭上の原爆で壊滅し、焦土の中から再び……この町は語り尽くせぬ思いを秘めているのです。

世界遺産候補

大浦天主堂 1 大浦天主堂
世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台
外海の出津集落 2 外海の出津集落
西彼杵半島西岸の外海地方にある集落
外海の大野集落 3 外海の大野集落
西彼杵半島西岸の外海地方にある集落

教会堂

大浦天主堂 1 大浦天主堂
世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台
中町教会 2 中町教会
初代教会堂は、江戸時代から明治にかけてキリシタンが入れられた桜町牢跡での建設…
浦上教会 3 浦上教会
弾圧に苦しんだ浦上信徒が築いた教会
聖フィリッポ・デ・ヘスス教会 4 聖フィリッポ・デ・ヘスス教会
二十六聖人のひとりで、メキシコ人フランシスコ会修道士聖フィリッポ・デ・ヘススに…
善長谷教会 5 善長谷教会
1823年に外海・東樫山から移住したキリシタンの子孫が住む山里…
神ノ島教会 6 神ノ島教会
佐賀藩の神ノ島には、江戸前期からキリシタンが潜伏し、江戸後期には、砲台築造の…
馬込教会 7 馬込教会
禁教令下の1871年、馬込に信徒が建てた小聖堂があった。1884…
大野教会堂 8 大野教会堂
大野は、1599(慶長4)年の平戸領主松浦氏の弾圧で長崎に亡命したキリシタン…
出津教会堂 9 出津教会堂
1879年に潜伏キリシタンが多かった外海の出津・黒崎地区に赴任し生涯を…
黒崎教会 10 黒崎教会
黒崎も、ド・ロ神父が宣教と救済をおこなったキリシタン集落。1887年に…
三ツ山教会 11 三ツ山教会
帆場岳の麓の木場は、先祖が、伊達政宗によって派遣された慶長遣欧使節の随行員という…
本原教会 12 本原教会
三ツ山町の六枚板は、平戸松浦家の重臣パウロ原田善左衛門が、家族とともにキリシタンを…
牧野教会 13 牧野教会
1921年、牧野に女性たちが修道生活と教会奉仕をする修道院(牧野修院)が設立され…
樫山教会 14 樫山教会
1920年に黒崎教会を完成させ、1934年に天草の崎津教会堂を建てるハルブ神父が…
本河内教会 15 本河内教会
彦山の麓の本河内のコンベンツアル聖フランシスコ修道会は、1930年、ポーランドから長崎にきたコルベ神父が…
東長崎教会 16 東長崎教会
さくらの里聖家族教会 17 さくらの里聖家族教会
滑石教会 18 滑石教会
城山教会 19 城山教会
西町教会 20 西町教会
稲佐教会 21 稲佐教会
飽の浦教会 22 飽の浦教会
木鉢教会 23 木鉢教会
福田教会 24 福田教会
岳教会 25 岳教会
大村純忠支配下の福田浦は、1565年から長崎開港の1570年の間、ポルトガル船が入港し…
愛宕教会 26 愛宕教会
大浦教会 27 大浦教会
小ヶ倉教会 28 小ヶ倉教会
大山教会 29 大山教会
大山は、外海の黒崎村のキリシタンが、1844~1847年の頃、移住開拓したという地…
深堀教会 30 深堀教会
戦国時代から、たびたび長崎のキリシタンを脅かした深堀氏は、商船の略奪など海賊行為のために…
香焼教会 31 香焼教会
高島教会 32 高島教会
大明寺教会 33 大明寺教会
長崎警備を任された佐賀鍋島藩が2つの島に作った遠見番所の派兵や、1657年の大村の郡崩れと…
八幡町教会 34 八幡町教会
八幡町教会堂

バチカン公式巡礼地

日本二十六聖人殉教地(西坂公園) 1 日本二十六聖人殉教地(西坂公園)
1597年2月5日、日本で最初に国の命令によってキリシタンが処刑された地。その後…
十字架山 2 十字架山
浦上四番崩れの流配から戻った浦上の信徒は、絵踏みをしたことを罪として償い…
本河内ルルド 3 本河内ルルド
コンベンツアル聖フランシスコ会のコルベ神父は1930年に長崎にきて聖母の騎士…

巡礼関連地

秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡 1 秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡
禁教令の中、大浦から浦上を巡回する宣教師のために用意された隠れ家で、26聖人も…
平和公園(原爆落下中心地) 2 平和公園(原爆落下中心地)
悲しみの原点、グラウンド・ゼロ
サン・ラザロ病院跡(山王神社) 3 サン・ラザロ病院跡(山王神社)
ポルトガル船長ベレイラの寄附によって建てられた病院
如己堂 4 如己堂
恒久平和と隣人愛の精神を発信し続けた永井隆博士の病室兼書斎
サンタ・クララ教会堂跡 5 サンタ・クララ教会堂跡
ポルトガル船員らが建てた教会堂の跡
春徳寺(トードス・オス・サントス教会堂跡) 6 春徳寺(トードス・オス・サントス教会堂跡)
1569年、大村純忠の家臣でキリシタン長崎甚左衛門がイエズス会に与えた…
サント・ドミンゴ教会跡資料館 7 サント・ドミンゴ教会跡資料館
南蛮時代~代官屋敷時代の様々な出土品を展示。17世紀~19世紀の長崎を物語る貴重な資料。
ド・ロ神父記念館 8 ド・ロ神父記念館
ド・ロ神父が貧しい人々の救済のために1885年に建て、鰯網工場や学校…
旧出津救助院 9 旧出津救助院
ド・ロ神父が困窮を極める村人達を救うため、私財を投じて設立した明治初期の授産・福祉施設
遠藤周作文学館 10 遠藤周作文学館
外海が舞台となる小説『沈黙』を書いた遠藤周作の生涯や足跡を紹介する資料館
時津二十六聖人上陸の地 11 時津二十六聖人上陸の地
1597年2月4日の午後、彼杵から大村湾を渡って時津に護送された二十六聖人は…
岬の教会(被昇天の聖母教会堂)跡 12 岬の教会(被昇天の聖母教会堂)跡
長崎が開港した翌年の1571年、町ができた岬の突端に小聖堂が建つ。更に…
聖コルベゆかりの暖炉 13 聖コルベゆかりの暖炉
1930年、ポーランドから来日したコルベ神父が長崎で最初の拠点とした…
岬の聖母像 14 岬の聖母像
ザビエル渡来400年を記念して、1948年に、1.7mの聖母像が建てられ…
バスチャン屋敷跡 15 バスチャン屋敷跡
バスチャンは伝説の日本人伝道士で、外海や浦上や五島の人々が日繰りや予言などを…
野道共同墓地 16 野道共同墓地
ド・ロ神父は、1898年、共同墓地を作った。神父の墓は、最初、階段を…
枯松神社 17 枯松神社
黒崎の潜伏キリシタンは、伝説の伝道士バスチャンの師であるサン・ジワンの隠れ家…
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター 18 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の総合窓口

ページトップへ