このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり大村・西彼半島エリア > 大村純忠終焉の地(坂口館跡)

教会めぐり

大村純忠終焉の地(坂口館跡)(オオムラスミタダシュウエンノチ(サカグチカンアト))

●市指定史跡

大村純忠終焉の地(坂口館跡)

日本初のキリシタン大名大村純忠が隠居し、1587年、55歳で亡くなった地。未亡人は、同年、伴天連追放令が出されたとき、ここに宣教師をかくまい、息子の大村喜前が1606年に棄教するまで、イエズス会が使用していたという。

所在地 856-0017 長崎県大村市荒瀬町大門(国道444号線と長崎自動車道が交差する地点)
休日 なし
交通アクセス
長崎自動車道大村ICから車で5分。または、JR大村駅からバスで20分坂口バス停下車徒歩3分。
地図を見る
ホームページ 『大村純忠終焉の地(坂口館跡)』についてのホームページはこちらへ
エリア リンク [大村・西彼半島エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ