このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり長崎エリア > 外海の大野集落

教会めぐり

外海の大野集落(ソトメノオオノシュウラク)

●世界文化遺産

外海の大野集落

禁教期に潜伏キリシタンが自分たち自身で組織的に信仰を続けている中で、氏子となった神社に密かに自分たちの信仰対象を祀り、オラショ(祈り)を唱えるなど在来宗教と信仰の場を共有していた集落である。禁教期の信仰の場であった神社近くに、解禁後、教会堂が建てられた。禁教期固有の信仰形態とその終焉を示している。

〔集落内の教会〕大野教会堂

世界遺産登録決定!長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

所在地 - 長崎県長崎市下大野町26191
交通アクセス
長崎駅から車で約50分
地図を見る
ホームページ 『外海の大野集落』についてのホームページはこちらへ
エリア リンク [長崎エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ