このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり長崎エリア > 秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡

教会めぐり

秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡(ヒミツキョウカイドウ セイフランシスコ・ザベリオドウアト )

秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡

1614年、徳川家康の禁教令発布から250年後の1865年3月17日大浦天主堂における劇的な信徒発見当時も幕府の厳しいキリシタン禁令は続いていました。
浦上のキリシタン達は当時4つの秘密教会を設け、大浦天主堂の巡回教会として密かに神父を迎え、洗礼を受け教理の勉強をしていました。この地がその1つである聖フランシスコ・ザベリオ堂跡です。
1867年7月15日午前1時、幕府の捕方が押し入り、泊っていた守山甚三郎と松田喜助は捕らえられ、各地で捕らえられた68名の信徒と共、桜町の牢に打ち込まれることとなり、これが浦上4番崩れとつながり、1868年6月1日を初めとして中心人物114名が、萩、津和野、福山へ流されました。
250年にも及ぶ禁教と迫害の中で、信仰伝承を成し遂げた彼らの心が末永く人々の心の中に生き続けることを願って、信徒発見125周年の記念に説明板も建てられています。
 

所在地 852-8114 長崎県長崎市橋口町(如己堂と平和公園の中間)
交通アクセス
JR長崎駅前から路面電車(赤迫行)で大橋電停下車、徒歩8分。
地図を見る
ホームページ 『秘密教会堂 聖フランシスコ・ザベリオ堂跡』についてのホームページはこちらへ
エリア リンク [長崎エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ