鷹ん巣がんぎ

(タカンスガンギ)

椛島の東側にある、岸壁に続く階段状の段差

エリア
下五島
テーマ
自然・景観
アクセス数80Views

見上げるほどの絶壁が続く中、急な階段が伸びているところが鷹ん巣がんぎです。「がんぎ」とは階段のことで、その昔、弘法大師がこの鷹ん巣がんぎを杖をついて登ったという言い伝え(!?)もあります。そそり立つ岸壁に続く階段状の段差は、海中にも伸びています。
自然に侵食されてこのような形になったそうで、実際には上まで登るのが難しい、険しい段差になっています。すぐそばにはモザイク模様の岩盤や鷹ん巣灯台もあります。鷹ん巣がんぎは椛島の東側にあり、陸路がないためその姿を見るには海上タクシーなどで近づかなければいけません。

スライドショーで見る

Data 基本情報

住所 長崎県五島市本窯町
電話番号 0959-78-2101(五島市椛島出張所)
アクセス 海上タクシーのチャーター等が必要です

マップを表示 マップを表示

このスポットから近い観光スポット