このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイト ロケ・撮影風に立つライオン > 「風に立つライオン」ロケ地巡り

「風に立つライオン」長崎ロケ地さるく  モデルコース

長崎県を知り尽くしたロケサポート隊・亜津子がおすすめするモデルコース。
代表的な観光スポットや、ちょっと足を伸ばして訪れるのも楽しいロケ地を、撮影中のエピソードと共に楽しもう!

長崎空港→佐世保港(バス)→宇久島(宿泊)→福江島(五島市玉之浦荒川)(宿泊)→長崎港→東立神→長崎大学(坂本キャンパス)→熱研・グラウンド→鍋冠山公園→伊王島(宿泊)→長崎空港

異国情緒 ★★★★ 癒され度 ★★★★ 大人の旅 ★★★★

モデルコースのルート

start

長崎空港

旅の始まり、長崎空港からスタート!

佐世保港

佐世保港に到着。クランクインした場所である佐世保市宇久島へGO!!

フェリーで福江島へ

映画「くちびるに歌を」で撮影が行われた2か月後に再び別のロケ隊が五島へ!中には同じスタッフもいて、半年以上島に滞在する撮影隊も!

宇久島

宇久島は、胡蝶島という貴子一家が住んでいる架空の島で登場!メインの平港、城ヶ岳展望台等で撮影。宇久での大がかりな映画撮影は初めてで、宇久でのおもてなしは最高級でした!

荒川

荒川温泉のすぐ近くにある、荒川丹奈出張診療所(荒川地区にある診療所)で撮影が行われました。この診療所に決まるまで、長い時間をかけました。 診察日でない日まるまる2日間かけてお借りし、貴子が胡蝶島の人々を診たり、太郎や両親と接したりするシーンが撮影されました。

間伏

あかりが住む、胡蝶島の果ての設定で撮影が行われました。
機材を運ぶトラックやバンが通らない狭い道をハイエースや軽トラに分けて運搬し、雨ふらしという大がかりな撮影に挑みました。半泊の方のご紹介で、こちらのロケ地が決まったのでした。
美しい半泊にも、是非お立ち寄りを。

長崎港

貴子一家のいる胡蝶島(宇久・福江)から航一郎がいる長崎へ。撮影隊も、ロケ地は宇久~福江~長崎という順番で回りました。

東立神

東立神では、長崎三菱造船所が背景に見える道で福田和恵夫人のお通夜の帰り道を撮影。雨上がりのシーンという設定の為、撮影隊が水を撒いて道路を濡らし、雨上がりの道をつくり上げまし。大沢さんと真木さんというビッグスターが来られるといことで、ギャラリーも大騒ぎ。撮影中は静かにしていただき、見守っていただいたのでした。

長崎大学

今回の企画で取材・撮影本番などで大変お世話になった長崎大学。ロケが行われたのは、文教キャンパスの中部講堂前と、坂本キャンパスのグラウンドでした。
航一郎がいた長崎大学熱帯医学研究所も是非お立ち寄りを。

鍋冠山公園

夜景が美しい長崎港が一望できるスポットの鍋冠山公園。貴子が航一郎にアフリカには行けないと告げる切ないシーンが撮影されました。
撮影中はにわか雨だったため、空とにらめっこしながらの撮影となりました。

伊王島

馬込教会近くの空き家をお借りし、夜中の2時まで、雨ふらしをしながら、妻・和恵を亡くした達雄が航一郎を責めて泣き崩れるシーンを撮影しました!
美しいステンドグラスの馬込教会も必見!
ロケ地めぐり最後の日は、旅の疲れをいやす為、やすらぎ伊王島にて、ゆっくり温泉につかってみて。

長崎空港
goal
 
長崎市・哲翁内科

山王神社 写真 浦上天主堂

哲翁内科では、青木医院の設定で登場。
早朝からお借りして、ロケさせていただきました。

近くのスポットには、長崎大学・山王神社・浦上天主堂など。

旧長崎玉成高等学校

旧玉成高等学校 3年前に廃校舎になった、旧長崎玉成高等学校をお借りして、航一郎の高校生時代を撮影。ロケでお借りするだけでなく、先生や生徒の皆様に大掃除や、エキストラなどで大活躍頂きました。
体育館での合唱シーンは美しく、拍手喝采でした。現場には、原諾者であるさだまさしさんも見えられていました。

長崎原爆病院

長崎原爆病院

外来診察がお休みである土曜日に、病院内をお借りして撮影が行われました。1980年代のため、当時のデザインのパジャマや白衣姿を来たエキストラにご出演いただき、航一郎がいた病院の医局やロビーのシーン等を撮影。
稲佐山が見える屋上で、キャスト・スタッフの集合写真を撮ったのでした。


ロケ地マップ

福江島で宿泊 福江島で宿泊 長崎港 長崎港 鍋冠山公園 鍋冠山公園 伊王島で宿泊 伊王島で宿泊

ページトップへ