このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトロケ・撮影 > 「風に立つライオン」作品紹介

風に立つライオンロケ地ガイド&長崎ロケ地さるくモデルコース

作品紹介

さだまさしさんが、後の原作のモデルとなる柴田紘一郎さんと出会ったのは1970年代のこと。さださんは実に15年もの歳月を費やし、1987 年、「風に立つライオン」の歌を書き上げた。この歌の大ファンであった俳優・大沢たかおさんが小説化を熱望する。大沢さんからの要望に、さださんは何度も小説化を断ろうと思った。しかし、2011 年に起こった東日本大震災がきっかけで、自分も何かを伝えなければいけないというさださんの強い思いがついに、小説の完成を生み、映画化されることに。
ストーリー:1987 年春、ケニアと南スーダンの国境近くにある赤十字戦傷外科病院に派遣された医師・島田航一郎。長崎で医師として働きながら、航一郎の夢を応援している長崎にいる恋人・秋島貴子。航一郎は医師として、人として悩みながらアフリカの医療や現実を学んでゆく中、1 人の少年と出会う。元少年兵・ンドゥング。幼くして悲惨な人生を歩んできたンドゥングに航一郎や同僚の看護師・和歌子、同期の医師・青木たちは、根気強く接する。航一郎たちの熱心な治療の結果、ンドゥングは心身ともに傷が癒え、徐々に航一郎たちに心を開き始める。そして、ンドゥングは自分も航一郎のような医師になりたいと志すようになる。ケニアでの医療活動から離れられなくなる航一郎と、長崎・五島列島にある胡蝶島での生活の中で悩む貴子。長崎・五島・石巻・ケニアを舞台に、様々な人々の想いを描いた壮大なヒューマンドラマ。

長崎ロケ トピックス

ポイント01 佐世保市宇久&五島市&長崎市のロケ!
長崎でしか撮れない
ロケーションに感動!

五島 画像

恋人の貴子の実家である胡蝶島診療所がある設定の島が五島列島の佐世保市宇久島と、五島市福江島でした。
島でしか撮影出来ないロケーションに、キャスト・スタッフも感動していました。
前半を五島列島で撮影し、後半は長崎市内の長崎大学や福田夫妻の家、高校時代の学校などを撮影させていただきました!
五島列島では、離島ならではの風景を、長崎市では、坂道や造船のある風景を撮影し、長崎ならではのシーンをフィルムに収めていただきました。劇中に出てくる、長崎弁や五島弁も見逃せません。

ポイント02 「昭和」「現代」様々な時代が織り交じり、地元エキストラも大活躍!
ボランティアスタッフの協力にも感謝!

ボランティアスタッフ 画像

回想に合せて、1960年代、1970年代、1980年代の長崎が登場。当時の服装やメイクをした地元エキストラ総勢500名が大活躍しました!
高校時代のシーンでは、長崎大学の文教キャンパスで合格発表シーンを、長崎にある廃校で合唱で吃音を克服するシーンを撮影したのですが、廃校では、学校の生徒さんやボランティアスタッフが掃除や机イスの大移動を手伝ってくれました。坂や階段のアップダウンが厳しい道にも関わらず、重労働を手伝い、「長崎での映画づくりの面白かけん!」という気持ちで動いてくださる地域の皆様の地元愛には頭が上がりません!

ポイント03 長期ロケではずせない、
長崎グルメ

キャスト・スタッフ一同 画像

長崎ロケ中は、長崎県内のグルメを味わったキャスト・スタッフ一同。
宇久・福江・長崎の新鮮なお刺身やお寿司、五島うどん、長崎カステラなど、長崎でしか味わえないグルメに舌をうならせていました。
キャスト・スタッフ気分になって、ロケ地巡りで長崎グルメを堪能してはいかがでしょうか!?


ページトップへ