このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトロケ・撮影長崎バスTV-CMロケ地さるく > ロケ地徹底ガイド

長崎バスTV-CMロケ地さるく

ロケ地徹底ガイド

  • Scene1
    おばあちゃんたちは唄う。異国のことばで。 雨の日も、風の強い日も。この長い階段を登っていく。 ここでは、西洋の神様と、土地の神様が、力を合わせて、 島を、海を、守りつづけている。
    長崎バスTV-CMの撮影初日に、神ノ島教会の撮影が行われました。 ロケ地となった神ノ島教会は、大浦天主堂に次いで2番目に古い教会で、神ノ島教会の前の岬にある聖母様の像が特徴的です。聖母様は長崎港を出入りする船舶の安全を祈願して建てられています。 日曜日、ミサ終了後、信徒様たちにご協力いただき、ミサの荘厳なシーンを撮影させていただきました。 神ノ島教会でしか撮影できない、美しい映像となりました。
  • Scene2
    「おねぇちゃん、バスも寒いとかなぁ ブルブルってしたばい。」 「フフフ」 「発車します。」 街まで1時間。ふたりにとっては、大冒険だ。
    こちらでは、世界文化遺産である軍艦島が望める「南越(なんごし)」のバス停で撮影が行われました。 曇天の雰囲気のある中で、地元の姉妹がバスに乗り込んだり、バスの中の2人に思いをはせたりするシーンが 撮影されましたが、天気が快晴すぎたり、どしゃぶりになったり、激しく変わる天候にスケジュールが急きょ 変更になることもありました。 そんな天気に悩まされながらのロケでしたが、 地元の方々のご協力のおかげで、無事に素晴らしいカットとなりました。
  • Scene3
    お前とは、もうどれくらい、走ったかなぁ                                                  長崎が好きだ。
    こちらでは、まだ日が昇る朝6時前くらいから撮影スタンバイし、 長崎独特の地形が織りなす坂道のロケーションで、 バスが通過する様子を撮影しました。 愛宕から、小島にかけて広範囲でロケさせていただきました。 早朝からのロケでしたが、地元ボランティアスタッフの活躍もあり、あっという間に撮影は終了。 プロのスタッフさんたちの技量に驚きました!
  • Scene4
    「発車します。」 名もなき1日を走る。 長崎バス
    映画「悪人」や映画「ペコロスの母に会いに行く」のロケ地となった茂木。 ここでは、バスのエキストラカットなどが撮影されました。 地元の料亭や工事現場の方々にもご協力いただき、バスの転回や スタッフのロケ車両駐車などでお世話になりました。 美しいロケーションはCMで必見です!

こんなところでも撮りました!

  • バス停のほかに、営業所でも撮影が行われました。

    バス停のほかに、営業所でも撮影が行われました。
    魅力的な長崎独特のロケーションにあるバス停のほか、 長崎バスの営業所でも撮影が行われました。 夜遅くまで、キャスト・スタッフともに良い映像づくりのため頑張っていました!
  • 神ノ島3丁目のカーブでも、エキストラカット。

    神ノ島3丁目のカーブでも、エキストラカット。
    神ノ島教会だけでなく、近くにある神ノ島3丁目のカーブ沿いでも 撮影が行われました。自治会の皆様のご協力に感謝!!
  • 南越の撮影時に、とてもお世話になった野母崎文化センター。

    南越の撮影時に、とてもお世話になった野母崎文化センター。
    南越のバス停での撮影時に、控え場所として利用させていただいたり、 撮影用のお水をお借りしたり、野母崎文化センターの方々に大変お世話になりました。

ページトップへ

閉じる 閉じる