このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトロケ・撮影フジテレビスペシャルドラマ  「モンタージュ 三億円事件奇譚」 > ロケ地徹底ガイド

フジテレビスペシャルドラマ  「モンタージュ 三億円事件奇譚」

ロケ地徹底ガイド

  • Scene1
    -軍艦島-

    泰成 「もう安全だから、安心していい。」
    雄大 「二人にも、全てを話した…」  

     
    この作品で欠かせないのが舞台である軍艦島。 2015年7月5日に世界文化遺産となった軍艦島で撮影が行われました。限られた時間と貴重な場所で、いかに質の高いシーンを撮影するか、キャストスタッフ一同身を引き締めてルールを厳守しました。 65号棟の前で、大和(福士蒼汰さん)、未来(芳根京子さん)、鈴木泰成(劇団ひとりさん)、川崎雄大(唐沢寿明さん)ら豪華キャストが物語の真実を知る迫真のシーンが撮影されました。
  • Scene2
    -高浜海水浴場-

    沢田 「もういい…たくさんだ。 こんなつもりじゃなかった…。」
    雄大 「俺もですよ」「懐かしいね…あの頃が」

    ここのシーンでは、若き日の沢田(三浦貴大さん)と雄大(野村周平さん)が浜辺で軍艦島を見つめながら会話するシーンが撮影されました。 寒い寒い冬の朝5時からスタンバイして、 軍艦島が美しく望める高浜の朝日は、感動的でした。 そんな美しいシーンを撮影する裏方のスタッフですが、前日、マンションのシーンで夜まで撮影しながら朝から元気に動き回るタフさにはビックリしました。
  • Scene3
    -水辺の森公園-

     未来 「何?」
    大和「携帯に入っている必要な情報はすべて、これに書き写すんだ」
     
    長崎の癒しのスポットであり、長崎港に稲佐山が望める水辺の森公園で、警察から逃げる制服姿の高校生に化けた大和と未来が携帯の情報をメモ帳に書き写すシーンが撮影されました。 朝のお散歩の時間帯と重なったこともあり、地元のお散歩をしていらっしゃる方から しょっちゅう「何の撮影ですか?」と声をかけられましたが、 「撮影頑張ってください」と応援くださるのがありがたかったです。 地元のご協力もあり、撮影はスムーズでした!
  • Scene4
    -出島前-

    表通りの人混みを駆けてゆく大和と未来
    ここでは、長崎らしい路面電車をバックに、逃げる大和と未来の姿が撮影されました。 地元エキストラにもご出演いただき、臨場感のあるシーンとなりました。 地元の方のご理解もあり、私有地に撮影機材や照明機材などを置かせていただき、 本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
  • Scene5
    -長崎駅前高架広場-

    イヤホンをした警察官が大勢いて、若い男女の カップルを呼び止めて調べている。
    逃げている大和と未来が制服姿の格好をして、警察官の目をかいくぐるシーンが撮影されました。 若いカップル役や警察官役の地元エキストラの方々にご出演いただき、現場を楽しんでいただきました。 平日の昼間とはいえ、一般の通行の方々がいる中で、撮影させていただきました。 ご協力いただいた方々には、本当に感謝です!!
  • Scene6
    -稲佐山の夜景-

     夜の長崎
     
    夜の実景シーンの撮影が行われました。 撮影が行われたのは11月でした。 標高333メートルの稲佐山での撮影はとても寒かったですが、 冬の澄んだ空気の中の世界新三大夜景、長崎夜景は息をのむほど美しい景色でした。

こんなところでも撮りました!

  • 海星学園横にある、ばってん坂で、夜道のシーンロケ

    海星学園横にある、ばってん坂で、夜道のシーンロケ
    ここでは福士蒼汰くん演じる大和が『鳴海』と刺繍のはいった剣道の防具の垂ネームを手に、 戻っていく夜道のシーンが撮影されました。 日が沈んでしまった真っ暗な道で、地元の方々のご理解とご協力をいただき、 撮影させていただきました。
  • 色んな作品の舞台になる、長崎名物ロケ地、オランダ坂!

    色んな作品の舞台になる、長崎名物ロケ地、オランダ坂!
    ここでは、大和と未来が高校生に混じるシーンが撮影されました。 地元の高校生役の男の子と女の子が出演して活躍してくれました。 出演の感想を聞いたところ、福士蒼汰くんたちと同じ制服が着れてうれしい!と喜ばれていました。
  • 蚊焼漁港では、軍艦島へ向かうシーンを撮影!

    蚊焼漁港では、軍艦島へ向かうシーンを撮影!
    映画「横道世之介」のロケ地にもなった、長崎市南部に位置する、蚊焼漁港。 地元の漁業組合や企業の方々のご協力で、大和と未来が船に乗り、 軍艦島へ向かうシーンが撮影されました。 キャストが乗る用の劇船と、カメラスタッフが乗るカメラ船の2船を 巧みに平行撮影できるよう、地元の方が工夫して船を加工してくださったのです。 しかも、船の色はもともと水色だったのを、撮影のため、ということで 白色に塗り直してくださいました。万全な撮影協力体制には脱帽でした!

ページトップへ

閉じる 閉じる