このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトロケ・撮影映画「母と暮せば」 > 作品紹介

映画「母と暮せば」

  • カトリック黒崎教会にて
    カトリック黒崎教会にて
  • カトリック黒崎教会にて
    カトリック黒崎教会にて
  • カトリック黒崎教会にて
    カトリック黒崎教会にて
  • カトリック黒崎教会にて
    カトリック黒崎教会にて
  • エキストラの皆さま(長崎電気軌道)
    エキストラの皆さま(長崎電気軌道)
  • 長崎電気軌道にて
    長崎電気軌道にて
  • 神の島工業団地にて
    神の島工業団地にて
  • 神の島工業団地にて
    神の島工業団地にて

作品紹介

【STORY】
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。母親・伸子役に吉永小百合、息子の浩二役に二宮和也、浩二の恋人・町子役には黒木華という理想的なキャスティングで山田洋次監督が初めてつくる、やさしく泣けるファンタジー作品です。
 
出演/吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一
監督/山田洋次脚本/山田洋次・平松恵美子
製作/「母と暮せば」製作委員会制作・配給/松竹株式会社

作品ゆかりの地 トピックス

  • ポイント1

    被爆から3年後の長崎
    当時のロケーションを再現

    被爆から3年後の長崎<br>当時のロケーションを再現<br>
    撮影時は2015年7月。
    それから67年前の長崎を再現するため、当時の面影を残す場所や、被爆後の浦上天主堂をセットで建てられる場所などを必死で探し回りました。







  • ポイント2

    長崎名物を堪能!キャスト・スタッフが楽しんだグルメ!

    長崎名物を堪能!キャスト・スタッフが楽しんだグルメ!
    長崎ロケは約1週間。滞在中、キャストやスタッフは長崎名物ちゃんぽん・皿うどんや長崎和牛などを楽しみました。
    ロケ地めぐりの際は、ぜひグルメも味わってみてくださいね。
       


  • ポイント3

    エキストラ述べ800人が参加!
    皆さんで作り上げた作品

    エキストラ述べ800人が参加!<br>皆さんで作り上げた作品<br>
    ロケ地となった長崎市外海地区にある黒崎教会では、信徒さん約100人、路面電車で約100人、長崎ブリックホールで約600人、述べ800人の県民エキストラさんたちが参加してくださいました。
    また、フィルムコミッションにご登録のボランティアスタッフさんたちも受付や荷物運びなど大活躍しました!
    山田洋次監督の、この作品を今長崎で生きている人々で作り上げてほしいという気持ちがとても印象的でした。

ページトップへ