このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトロケ・撮影 > 「蝶々さん」作品紹介

「蝶々さん」~ロケ地ガイドとおすすめモデルコース~

作品紹介

波乱万丈の人生を力強く生きた女性・蝶々さん

今も世界各地で上演されているオペラの名作「蝶々夫人(マダムバタフライ)」。今回のドラマでは、世界で最も有名な日本人ヒロインとも言える「蝶々さん」の人生を、巨匠・市川森一氏が出身地である長崎を舞台とし、新たによみがえらせました。明治初期という時代に、士族の娘として生まれた主人公・伊東蝶。維新の世で身を立てていけるよう幼少の頃から熱心な教育を受けますが、両親を亡くして一転、舞妓となり波乱の人生を歩み始めます。新世界・アメリカに夢を抱きアメリカ海軍士官のフランクリンと出会って恋に落ちて、やがて出産。時代の波に翻弄されながらも、士族の娘としての誇りを失うことなく、力強く人生を生き抜くひとりの女性・蝶々さんの殉じた道とは・・・。

「蝶々さん」長崎ロケはここが見どころです!

その1 画像

今回の作品設定は明治時代。 時代を遡るロケでは、撮影を始める前にその時代には存在していなかった“現代物”を隠すことから準備を進めて行きます。完全にタイムトリップ!できる世界を作るのです。

その2 画像

諏訪神社のシーンやオランダ坂のシーンでは、長崎在住の方々がエキストラとして撮影に参加され、通行人として作品に出演!長崎を愛する皆さんの熱演にもご注目ください。

その3 画像

外国の影響を多分に受けて独特の食文化が発展した長崎。ちゃんぽん、皿うどん、トルコライス、卓袱料理など“ご当地グルメ”がたくさん!ロケ地めぐりの合い間に、マイベスト長崎グルメを見つけてくださいね。

ページトップへ