このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME法人・団体向けサイトクルーズ > 港湾情報 壱岐市:郷ノ浦港の概要

クルーズ

港湾情報

壱岐市:郷ノ浦港の概要

郷ノ浦港の概要

壱岐島の新たな観光拠点

九州北西海上、壱岐島の南西部に位置し、南方に九州本土を望む天然の良港です。旧松浦藩時代には筑前・対馬・大阪・中国大陸方面と盛んな交易が行われていた様であり、朝鮮出兵の際の基地として利用されていました。
現在では、博多~壱岐~対馬間のフェリー・高速船航路や周辺離島への航路が就航しており、平成6年の郷ノ浦地区フェリー埠頭の供用開始により、壱岐の玄関口としての機能も強化されました。

ぱしふぃっくびいなす入港の様子
ぱしふぃっくびいなす入港の様子

平成16年には、大型観光船埠頭の供用を開始しており、「ぱしふぃっくびいなす」や「にっぽん丸」といった国内の大型観光船が寄港し、壱岐島の新たな観光拠点となっています。

所在地 壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦
アクセス 博多港からジェットフォイルで70分、壱岐空港から車で20分
港湾情報 岸壁:220m、幅:20m、水深:-7.5m、潮差:2.31m
歓迎行事 船長への花束贈呈、歓迎催し(和太鼓等)他
観光案内所 郷ノ浦港に臨時観光案内所設置
お問い合せ:壱岐市観光協会 0920-47-3700
市内観光 ■定期観光バス(壱岐交通観光社 0920-47-1161)
大人 1,420円(小人 710円)~
■タクシー観光(壱岐市観光協会 0920-47-3700)
1台 13,200円~

ページトップへ