旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
亜熱帯の海岸に群生し、薄紫色の可憐な花が広範囲で楽しめます。

ハマジンチョウの群落

エリア
五島 
テーマ
 
  • 亜熱帯の海岸に群生し、薄紫色の可憐な花が広範囲で楽しめます。
  • 亜熱帯の海岸に群生し、薄紫色の可憐な花が広範囲で楽しめます。
  • 亜熱帯の海岸に群生し、薄紫色の可憐な花が広範囲で楽しめます。
ハマジンチョウは、インドシナ半島から中国南部、台湾を経て、沖縄県・鹿児島県にまで北上する南方源の植物です。

この植物は入江の奥の波静かな満潮線のあたりにだけ生育するという特色があります。

五島では、玉之浦湾と若松瀬戸の両岸及び日ノ島に群生します。

上五島の曲崎に群生するハマジンチョウは、延長80メートルから100メートル目測の範囲に広がり、12月から3月の頃、ピンク色の花を咲かせて道往く人を楽しませてくれています。

住 所 〒853-2312 長崎県南松浦郡新上五島町日島郷
電話番号 0959-42-0964 ((新上五島町観光物産協会))
ホームページ 『ハマジンチョウの群落』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 若松港から車で40分

閉じる 閉じる