旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
中世から近世にかけての古墓群

日島の石塔群

エリア
五島 
テーマ
史跡・文化財 神社・仏閣  
  • 中世から近世にかけての古墓群
  • 中世から近世にかけての古墓群
  • 中世から近世にかけての古墓群
  • 中世から近世にかけての古墓群
中世から近世にかけての古墓群。70基以上の石塔が累々と並ぶ風景は圧巻で、関西方面の御影石や福井県の若狭方面の日引石など島外から持ち込まれた石材が多く使われています。大陸との交易品を運んだ帰りの船にバラスト(船の重し)として持ち帰ったといわれており、都や大陸と往来した海上交易の拠点であったことを物語る史跡です。

これほど規模が大きく、長期的にわたって営まれた墓地は県内に例を見ず、大変貴重な遺跡であり、当時の漁村・漁業基地としての繁栄を偲ぶ資料として五島史研究のみならず、民俗学的にも重要な遺跡です。

長崎県指定史跡にも指定され、日本遺産「国境の島 壱岐・対馬・五島~古代からの架け橋~」の構成文化財です。

住 所 〒853-2312 長崎県南松浦郡新上五島町日島郷
電話番号 0959-42-0964 (新上五島町観光物産協会)
ホームページ 『日島の石塔群』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 若松港から車で30分

閉じる 閉じる