旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
海の安全を願う対馬島民は海峡を共有する友として、不幸な霊を慰めるため、この地に追悼碑を建立した。

田鶴原公園(対馬海峡遭難者追悼之碑)

エリア
対馬 
テーマ
史跡・文化財  
  • 海の安全を願う対馬島民は海峡を共有する友として、不幸な霊を慰めるため、この地に追悼碑を建立した。
  • 海の安全を願う対馬島民は海峡を共有する友として、不幸な霊を慰めるため、この地に追悼碑を建立した。
四方を海に囲まれた対馬には古くから海難事故者が漂着しました。
近世対馬藩の外交は朝鮮人漂流民の送還を主な任務としていましたが、不幸にも遺体となって漂着した例も多く、その亡骸は島内各地に眠っています。
海の安全を願う対馬島民は海峡を共有する友として、不幸な霊を慰めるため、平成4年(1992)11月、この地に追悼の碑を建立しました。

住 所 〒817-1304 長崎県対馬市峰町青海478-53
電話番号 0920-83-0301 ((対馬市峰地域活性化センター))
ホームページ 『田鶴原公園(対馬海峡遭難者追悼之碑)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 対馬空港から車で約1時間17分
閉じる 閉じる