旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
市指定有形文化財

本河内宝篋印塔(ほんごうちほうきょういんとう)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 市指定有形文化財
この本河内宝篋印塔は、文化8年(1811年)、本篭町住の薬種商中村盛右衛門仲凞・嘉右衛門茂済父子が造塔施主となり、肥後の人豪朝が建てた供養塔です。

豪潮は大願をたて全国に2千基の塔を建てたといわれ、それは豪潮塔といわれるものです。

笠の隅飾が華麗で蓮座の下には、さらに第二の塔身があります。

いずれの種子も重厚で長崎市内では、清水寺・禅林寺・春徳寺に現存していますが、この塔はその中でも最大のものになります。

また市内の晧台寺に残片があるものは、以前仁王門の下に建てられていたということを物語っており、県内には平戸の最教寺・野母崎の観音寺に1基ずつあります。

住 所 〒850-0012 長崎県長崎市本河内2丁目1番
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『本河内宝篋印塔(ほんごうちほうきょういんとう)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅からバス(矢上団地行等乗車)利用10分、「番所下車」徒歩5分 

路面電車「蛍茶屋」下車徒歩10分
   
閉じる 閉じる