中島川石橋群(阿弥陀橋・高麗橋・桃溪橋・袋橋) (ナカシマガワイシハシグン(アミダバシ・コウライバシ・モモタニバシ・フクロバシ))

中島川に架かる石橋の壮大さと歴史ある風情

  • 204views

大川と呼ばれていた今の中島川に1634年最初の石橋眼鏡橋が架けられて以後、17世紀末までに中島川と直交する道路筋のほとんどに石橋が架けられました。

最多時にはこの水系だけで17~18基を数え、崩流滅失の際も石橋で再架され、中島川石橋群としての景観を誇っていましたが、昭和57年7月の大水害でその多くを失ってしまいました。

桃溪橋と袋橋は大水害で一部損傷しましたが、その後原形に復元され、高麗橋は平成5年3月に西山ダム下に移築復元されました。

また阿弥陀橋は、現在移築復元場所を検討中であり、石材は平山台に保管されています。

基本情報

住所 長崎県長崎市中島川
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス ・高麗橋 バス「高部水源池」から徒歩3分
・桃渓橋 路面電車、諏訪神社電停から徒歩3分
・袋橋 路面電車、めがね橋電停下車徒歩2分、バス「親和銀行前」から徒歩2分
※地図は目的地周辺の概ねの位置を示しています。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.