旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
市指定史跡。江戸時代有数の儒学者として知られた人物の墓。

雨森芳洲の墓

エリア
対馬 
テーマ
史跡・文化財  
  • 市指定史跡。江戸時代有数の儒学者として知られた人物の墓。
  • 市指定史跡。江戸時代有数の儒学者として知られた人物の墓。
雨森芳洲は、儒学者として多くの人々の師と仰がれ、対馬の学問、教育の興盛を築き、朝鮮外交においても多大な貢献をした人物です。

1668年近江国に生まれ、木下順庵の門に学び、1689年対馬藩に仕え、対馬において多くの足跡を残しました。

文献実証を尊重し「記録さえ確かならば幾百年ともなき長生きしたる人を左右に置けると同じかるべし」として藩政についての記録を重要視したため、対馬藩の日帳、日記類は膨大になり宗家文書として貴重な資料を現代に残しています。

住 所 〒817-0012 長崎県対馬市厳原町日吉313
電話番号 0920-52-0846 ((長寿院))
ホームページ 『雨森芳洲の墓』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 厳原港から徒歩15分