旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
足利尊氏・直義兄弟が慶応年間(1338~42)に全国60余州に建てた安国禅寺のひとつ。

安国寺

エリア
壱岐 
テーマ
史跡・文化財 神社・仏閣 博物館・美術館  
  • 足利尊氏・直義兄弟が慶応年間(1338~42)に全国60余州に建てた安国禅寺のひとつ。
  • 足利尊氏・直義兄弟が慶応年間(1338~42)に全国60余州に建てた安国禅寺のひとつ。
  • 足利尊氏・直義兄弟が慶応年間(1338~42)に全国60余州に建てた安国禅寺のひとつ。
1338年(暦応元)足利尊氏と直義は元弘の乱以来の戦死者の冥福を弔うために、従来あった海印寺を安国寺としました。
壱岐における古式ある美術的な建築物であり、室町時代の貴重な宝物を多く所蔵しています。
樹齢1000年の大杉の他にも山門と外門を通じる道路が旧態を残し、昔どおりの風格をとどめています。

住 所 〒811-5321 長崎県壱岐市芦辺町深江栄触
電話番号 0920-47-3700 ((壱岐市観光連盟))
交通アクセス 芦辺港から車で10分

閉じる 閉じる