現川焼陶窯跡 (ウツツガワヤキトウヨウアト)

元禄4年(1691)~寛延元年(1748)頃までの約60年間、焼き継がれた現川焼の陶器窯の一つ

  • 175views

諫早家「日新記」の記録によれば、1691年に諫早家被官田中刑部左衛門が職務を退き、二男甚内を伴って開窯したことが記され、1748年頃までのおよそ60年間、焼き継がれた現川焼の陶器窯の一つです。
製品は鉄分の濃い粘土を素地に刷毛目技法を駆使した陶器で、各種の化粧刷毛目と舟形・隅切などの大胆な器形、それと四季折々を描いた図柄との合致した姿は「西の仁清」「刷毛目文様の極致」と賞賛されています。窯の上には、1704年に建てられた窯観音があり、現川焼の創始者、田中宗悦・同甚内・重富茂兵衛等にかかわる銘が刻まれているのも特徴です。

基本情報

住所 〒851-0135 長崎県長崎市現川町521・522番地
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から市布経由諫早方面JR利用現川駅下車、徒歩10分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.