旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
壱岐のシンボル、自然がつくった日本を代表する奇岩

猿岩

エリア
壱岐 
テーマ
景勝地  
  • 壱岐のシンボル、自然がつくった日本を代表する奇岩
  • 壱岐のシンボル、自然がつくった日本を代表する奇岩
  • 壱岐のシンボル、自然がつくった日本を代表する奇岩
黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩です。そっぽを向いた猿にそっくりで、気紛れな自然の造形に驚かされます。壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は生き島である。神様が海の中でこの島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋ぎました。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている」とあり、その八本の柱のひとつが猿岩です。駐車場脇には壱岐市のアンテナショップ「お猿のかご屋」もあります。

住 所 〒811-5103 長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870番地
電話番号 0920-47-3700 ((壱岐市観光連盟))
ホームページ 『猿岩』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス 郷ノ浦港から車で20分

閉じる 閉じる