旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
出島三学者と呼ばれた日本近代学術の恩人

ケンペル、ツュンベリー記念碑

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 出島三学者と呼ばれた日本近代学術の恩人
1823年7月、島和蘭商館医として渡来したシーボルトは前に渡来した先学の商館医ケンペル(1690 年渡来)、ツュンベリー (1775年渡来) の功績をたたえ、これを記念するため1826年、この碑を出島花畑に建てました。
1885年出島整備により、この碑は長崎公園内に移建されましたが、1956年旧植物園が復元され現在地に移されました。碑文にはラテン語で「ケンペルよ,ツュンベリーよ,見られよ!ここに君らの植物,年ごとに緑そい,花咲きいでて,植えたる主をしのびつつ愛の花輪をささぐるを,ドクター・フォン・シーボルト」とシーボルトが先学をたたえた文字が刻まれていますが、その文から彼が日本研究によせた心情を読み取ることができます。その意味で、この記念碑はシーボルトその人の記念碑ともいうことができ、我が国の文化史上貴重な文化遺産として評価されているのです。

住 所 〒850-0862 長崎県長崎市出島町 出島和蘭商館跡
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『ケンペル、ツュンベリー記念碑』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(正覚寺行乗車)利用5分、出島電停下車、徒歩1分。