ケンペル、ツュンベリー記念碑 (ケンペル、ツュンベリーキネンヒ)

出島三学者と呼ばれた日本近代学術の恩人

  • 100views

1823年7月、島和蘭商館医として渡来したシーボルトは前に渡来した先学の商館医ケンペル(1690 年渡来)、ツュンベリー (1775年渡来) の功績をたたえ、これを記念するため1826年、この碑を出島花畑に建てました。
1885年出島整備により、この碑は長崎公園内に移建されましたが、1956年旧植物園が復元され現在地に移されました。碑文にはラテン語で「ケンペルよ,ツュンベリーよ,見られよ!ここに君らの植物,年ごとに緑そい,花咲きいでて,植えたる主をしのびつつ愛の花輪をささぐるを,ドクター・フォン・シーボルト」とシーボルトが先学をたたえた文字が刻まれていますが、その文から彼が日本研究によせた心情を読み取ることができます。その意味で、この記念碑はシーボルトその人の記念碑ともいうことができ、我が国の文化史上貴重な文化遺産として評価されているのです。

基本情報

住所 〒850-0862 長崎県長崎市出島町 出島和蘭商館跡
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から路面電車(崇福寺行き乗車)利用5分、「出島」電停下車、徒歩1分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.