旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
歴史の道、長崎街道をさるく。県指定有形文化財

芒塚句碑(すすきづかくひ)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 歴史の道、長崎街道をさるく。県指定有形文化財

向井去来(1651~1704)の句碑で、正面に「君か手もましるなるへし花薄去来」、裏面に「天明四甲辰年三月吉旦発企玉渕崎陽蕉門末流某等謹建」と刻されています。去来(名・兼時、字・元淵、通称・平次郎)は、儒医向井元升の二男として、長崎の後興善町(現・長崎市立図書館敷地内)に生まれました。八歳の時に父とともに京都へ移住、30歳代半ばにして芭蕉の門人となり、蕉門十哲の一人と称されました。元禄2年(1689)に一時帰郷、長崎に蕉風俳諧を伝えたのも去来です。この句碑は、去来が長崎を離れるに際し、 この地で見送りの人達に対して詠じたものを、 天明4年(1784)長崎の門人達が建立したものです。高速道の建設により、平成13年写真の場所から、日見峠側に移設され、併せて県指定史跡から県指定有形文化財に種別変更を行いました。

住 所 〒851-0126 長崎県長崎市芒塚町583-2
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『芒塚句碑(すすきづかくひ)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅からバス(矢上団地行等乗車)利用30分、芒塚下車、徒歩5分。     
閉じる 閉じる