芒塚句碑(すすきづかくひ) (ススキヅカクヒ(3キ))

歴史の道、長崎街道をさるく。県指定有形文化財

  • 114views

向井去来(1651~1704)の句碑で、正面に「君か手もましるなるへし花薄去来」、裏面に「天明四甲辰年三月吉旦発企玉渕崎陽蕉門末流某等謹建」と刻されています。去来(名・兼時、字・元淵、通称・平次郎)は、儒医向井元升の二男として、長崎の後興善町(現・長崎市立図書館敷地内)に生まれました。八歳の時に父とともに京都へ移住、30歳代半ばにして芭蕉の門人となり、蕉門十哲の一人と称されました。元禄2年(1689)に一時帰郷、長崎に蕉風俳諧を伝えたのも去来です。この句碑は、去来が長崎を離れるに際し、 この地で見送りの人達に対して詠じたものを、 天明4年(1784)長崎の門人達が建立したものです。高速道の建設により、平成13年写真の場所から、日見峠側に移設され、併せて県指定史跡から県指定有形文化財に種別変更を行いました。

基本情報

住所 〒851-0126 長崎県長崎市芒塚町583-2
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅からバス(矢上団地行等乗車)利用30分、芒塚下車、徒歩5分。     
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.