旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
長崎港を見渡せる最高のロケーション、国指定史跡

長崎台場跡魚見岳台場跡

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 長崎港を見渡せる最高のロケーション、国指定史跡
鎖国令後長崎港防衛のため、まず寛永18年(1641)港口に西泊・戸町両番所が置かれ石火矢台が設けられました。

承応3年(1654)には港内の大多越・女神、港口の神崎港・外の白崎・高鉾・長刀岩・陰尾の計7カ所に台場が築かれ、後にこれは古台場と呼ばれるようになります。
次いで文化5年(1808)すずれ等に新たな台場が設けられ、新台場と呼ばれました。

さらに2年後の文化7年,神崎・魚見岳等に増設され、これを増台場と呼びました。
ここ魚見岳は台場跡・火薬庫石倉等の遺構が良く残されており、当時をしのぶことができ、史跡として極めて貴重です。

住 所 〒850-0952 長崎県長崎市戸町5丁目
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『長崎台場跡魚見岳台場跡』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅からバス(野母半島方面〔戸町経由〕乗車)利用30分、女神下車、徒歩10分     

このスポットから近くの観光情報
このスポットを訪れた人はこのあたりにも行ってます
このページを見た人はこんなページも見ています